松崎キミ代

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
獲得メダル
世界卓球選手権
1959ドルトムント 女子シングルス
1959ドルトムント 女子ダブルス
1959ドルトムント 混合ダブルス
1959ドルトムント 女子団体
1961北京 混合ダブルス
1961北京 女子団体
1961北京 女子シングルス
1963プラハ 女子シングルス
1963プラハ 女子ダブルス
1963プラハ 女子団体
アジア卓球選手権
1960 ボンベイ 女子ダブルス
1960 ボンベイ 混合ダブルス
1963 マニラ 女子シングルス
1963 マニラ 女子ダブルス
アジア競技大会
ジャカルタ1962英語版 女子シングルス
ジャカルタ1962英語版 混合ダブルス
ジャカルタ1962英語版 女子団体
ジャカルタ1962英語版 女子ダブルス

松崎キミ代(まつざき きみよ、1938年6月18日- )は、香川県三豊郡高瀬町(現三豊市)出身の元卓球選手。現姓・栗本。専修大学卒業。戦型はペン表ソフト前陣速攻型。

略歴[編集]

小学校5年の時に卓球を始めた。1959年に行われた世界卓球選手権大会の女子シングルスで優勝、その後1963年の大会でも優勝し世界チャンピオンとなった。1961年の世界選手権の際に、周恩来からマオタイ酒をプレゼントされた[1]

主な戦績[編集]

  • 1959年 世界卓球選手権大会(ドルトムント)シングルス優勝、ダブルス2位、混合ダブルス2位、女子団体優勝
  • 1961年 世界卓球選手権大会(北京)シングルスベスト4、ダブルスベスト8、混合ダブルス(荻村伊智朗とのペア)優勝、女子団体優勝
  • 1963年 世界卓球選手権大会(プラハ)シングルス優勝、ダブルス優勝、団体優勝

発言[編集]

2010年4月17日の渋谷区体育協会のジュニア育成事業の合同開講式で『一番大事なのは気持の持ち方だ。すなおに、集中力をたかめ、一生懸命になることだ。』『長続きをするためには目標をもつことが大切です。』と述べた[3]

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]