第37回世界卓球選手権

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

第37回世界卓球選手権日本東京にある国立代々木競技場第一体育館で1983年に開催された[1][2][3]。84の国、地域から490人の選手が参加した[4]。日本での開催は1956年の東京大会、1971年の名古屋大会に次いで3回目となった[5]。4月28日の開会式では瀬戸山三男文部大臣が開会を宣言した[6]

総経費が16億円といわれたが、財界からの募金の集まりが悪かった[7]

団体戦には男子60、女子49チームがエントリーを行った。男子は4カテゴリ、女子は3カテゴリに分けられ、有力16チームが第1カテゴリにそれぞれ8チームずつのグループに分けられ、各グループの上位2チームずつにより決勝トーナメントが実施された。団体戦の組み合わせ、個人戦のシード順を決める会議は、同年3月27日に京王プラザホテルで行われた[8]

前回のノヴィサド大会で7種目を完全制覇した中国は、女子シングルスでは世界ランク1位から6位を占めてこの大会に参加した[9]。男女団体で優勝した後、中国を破るために各国はどこを研究したらいいか聞かれた李富栄総監督は、変化サーブを破る技術とスピードを押さえ込める力をつけることと語った[10]

4月23日に男子団体で同じ組に入ったインドがイスラエルとの対戦拒否を表明した[11]。男子団体の9位から12位決定戦ではパキスタンがイスラエルとの試合開始時間まで現れず、イスラエルが不戦勝となった[12]

男子シングルスでは郭躍華が中国のエースに成長した蔡振華を決勝で破りV2を達成、現役引退を表明した。優勝候補の1人、中国No.2の謝賽克は韓国No.2の金琦沢に1回戦で敗れた[13]。女子シングルスでは前年のアジア競技大会アジア卓球選手権の個人、団体で優勝している曹燕華が優勝した。各種目決勝が行われた最終日には、皇太子皇太子妃夫妻が観戦した[14]

大会期間中の5月7日に行われた国際卓球連盟総会でラケットの表裏に貼るラバーの色はそれぞれ別の色にすること、サーブは台より高い高さから出すこと、相手に背中を見せるサーブは禁止とするルールが決まった[15]。1987年の第39回世界卓球選手権の開催地がニューデリーに決定した。開催地にはソウルも立候補していたが、南北朝鮮の対立にからんで、中国などの反対によりした。台湾を中国台北卓球協会の名称で準加盟させることが認められた。また荻村伊智朗が会長代理に選出された[16]

団体戦の組み合わせ[編集]

  • 男子A組 中国、チェコスロバキア、フランス、ユーゴスラビア、韓国、スウェーデン、西ドイツ、アメリカ
  • 男子B組 ハンガリー、日本、イングランド、ポーランド、北朝鮮、イタリア、ソ連、デンマーク
  • 女子A組 中国、北朝鮮、西ドイツ、ハンガリー、チェコスロバキア、ユーゴスラビア、フランス、オランダ
  • 女子B組 韓国、ソ連、ルーマニア、スウェーデン、日本、イングランド、フィンランド、オーストリア

競技結果[編集]

団体[編集]

種目
男子団体 中華人民共和国の旗 中国
蔡振華英語版
范長茂(Fan Changmao)
郭躍華
江嘉良
謝賽克英語版
スウェーデンの旗 スウェーデン
ミカエル・アペルグレン
ステラン・ベントソン
ウルフ・ベントソン英語版
エリック・リンド
ヤン=オベ・ワルドナー
ハンガリーの旗 ハンガリー
ガボル・ゲルゲリー
イストヴァン・ヨニエル
Zoltan Kaposztas
Zsolt Kriston
Janos Molnar
女子団体 中華人民共和国の旗 中国
曹燕華英語版
童玲英語版
耿麗娟英語版
倪夏蓮英語版
日本の旗 日本
神田絵美子
新保富美子
田村友子
星野美香
朝鮮民主主義人民共和国の旗 朝鮮民主主義人民共和国
Chang Yong-Ok
Kim Gyong-Sun
Li Bun-Hui
Li Song-Suk

個人[編集]

種目
男子シングルス 中華人民共和国の旗 郭躍華 中華人民共和国の旗 蔡振華英語版 中華人民共和国の旗 江嘉良
中華人民共和国の旗 王会元(Wang Huiyuan)
女子シングルス 中華人民共和国の旗 曹燕華英語版 大韓民国の旗 梁英子英語版 中華人民共和国の旗 斉宝香英語版
中華人民共和国の旗 黄俊群(Huang Jungun)
男子ダブルス ユーゴスラビア社会主義連邦共和国の旗 ゾラン・カリニッチ英語版
ユーゴスラビア社会主義連邦共和国の旗 ドラグティン・シュルベク英語版
中華人民共和国の旗 江嘉良
中華人民共和国の旗 謝賽克英語版
日本の旗 阿部博幸
日本の旗 小野誠治
中華人民共和国の旗 王会元(Wang Huiyuan)
中華人民共和国の旗 楊玉華(Yang Yuhua)
女子ダブルス 中華人民共和国の旗 載麗麗(Dai Lili)
中華人民共和国の旗 沈剣萍(Shen Jianping)
中華人民共和国の旗 耿麗娟(Geng Lijuan)
中華人民共和国の旗 黄俊群(Huang Junqun)
中華人民共和国の旗 曹燕華英語版
中華人民共和国の旗 倪夏蓮英語版
中華人民共和国の旗 卜啓娟(Pu Gijuan)
中華人民共和国の旗 童玲(Tong Ling)
混合ダブルス 中華人民共和国の旗 郭躍華
中華人民共和国の旗 倪夏蓮英語版
中華人民共和国の旗 陳新華英語版
中華人民共和国の旗 童玲(Tong Ling)
中華人民共和国の旗 蔡振華英語版
中華人民共和国の旗 曹燕華英語版
中華人民共和国の旗 謝賽克英語版
中華人民共和国の旗 黄俊群(Huang Junqun)

日本人選手の成績[編集]

開催国の日本からは前年12月に斎藤清糠塚重造竹之内君明前原正浩阿部博幸小野誠治内田雅則笠原一也坂本憲一川村公一永瀬浩一郎石谷悟林直樹高島規郎井上武弘織部幸治村上恭和荻野博之清水拡嗣の男子20人、神田絵美子和田理枝山下さとみ小原るみ星野美香川東加代子島内よし子岩田浩子新保富美子山下恵子田村友子梅田浩子宮木由美子高木珠江高木たか子千種万里子福田法子の女子17人が代表に選ばれた[17]。男子団体には斎藤、糠塚、小野、高島、渡辺が選ばれた。女子団体には神田、星野、新保、田村が選ばれた[5]

男子団体は予選リーグをイングランド、ハンガリーとともに6勝1敗で終えたが3チーム間での勝敗率で下回り、8年ぶりに決勝トーナメント進出を逃した[18]

5位6位決定戦で北朝鮮を破り5位となった。女子団体で日本は1971年名古屋大会以来12年ぶりに韓国を破った。この試合では1番手で新保が梁英子を破り、2番手で神田が尹環美に敗れたが、新保、田村のカットコンビがダブルスで勝利、4番手で神田が1-1となった第3セットの19-20から23-21で逆転し、3-1で勝利した[19]。準決勝では地元日本を上回る北朝鮮コールの中、カットマン同士の対戦となった1番手で新保がチャン・ヨンオクを破り、2番手で神田がリ・ヨンスクを破ると、神田・星野組がキム・ギョンスン、チャン・ヨンオク組に敗れたものの、4番手で神田がチャン・ヨンオクを破り、12年ぶりの決勝進出を果たした[20]。決勝の中国戦では全く歯が立たずに0-3で敗れて2位となった[21]

個人戦では斎藤が1回戦で中国の刁明を3-0で、3回戦でグルッパを3-1で、4回戦でウルフ・カールソンを3-0で破ったが、準々決勝で中国のエース、蔡振華に1-3で敗れた。坂本は2回戦でアペルグレンを破ったが、3回戦で陳新華に敗れた。小野は1回戦でボージク、2回戦でフランスのランベルスを共にフルセットで破り3回戦に進出したが、范長茂に敗れた。高島は3回戦で王会元に敗れた。前原は2回戦でインドのメータに敗れた。糠塚は北米チャンピオンのボーガンに1回戦で敗れた。

女子シングルスでは新保が4回戦で中国の田静を破ったが、準々決勝で中国の黄俊群に敗れた。和田は4回戦で中国の斉宝香に敗れた。エースの神田は3回戦でチェコスロバキアのフラコワに敗れた。川東も3回戦で北朝鮮のキム・ギョンスンに敗れた。星野は1回戦でルーマニアのウルチカを破ったが、2回戦で梁英子にストレートで敗れた。

男子ダブルスの小野・阿部組は準々決勝で蔡振華、范長茂組を破り、準決勝で優勝したシュルベック、カリニッチ組に1-3で敗れたもののベスト4に入った。女子ダブルスでは準々決勝で新保・田村組が中国の童玲卜啓娟組に、神田・星野組が曹燕華倪夏蓮組に敗れた[22]

混合ダブルスでは斎藤・神田組が1回戦でウルフ・ベントソン・ベイサデス組をセットカウント2-2、3-12とリードされたところから21-16で逆転勝利した。2回戦で陳健載麗麗組に敗れた。

脚注[編集]

  1. ^ World Championships Results” (英語). ITTF Museum. 2012年4月7日閲覧。
  2. ^ ITTF Statistics” (英語). ittf.com. 2012年4月7日閲覧。
  3. ^ 国立代々木競技場の歴史”. 独立行政法人日本スポーツ振興センター. 2015年5月12日閲覧。
  4. ^ 「復活」かける日本 28日から世界卓球選手権 読売新聞 1983年4月26日朝刊17ページ
  5. ^ a b 日本、無冠返上だ 世界卓球きょう開幕 初日手堅く男女とも2勝か 読売新聞 1983年4月28日 朝刊16ページ
  6. ^ 夕方から開会式 読売新聞 1983年4月29日朝刊16ページ
  7. ^ 懐かしさと新しさと・・・ 読売新聞 1983年4月29日 朝刊16ページ
  8. ^ 日本は中国と別枠 世界卓球組み合わせ 読売新聞 1983年3月28日朝刊16ページ
  9. ^ 世界卓球あす開幕 4強堅い日本男子 女子は韓国戦がヤマ 読売新聞 1983年4月27日朝刊16ページ
  10. ^ 完全Vへ自信満々 読売新聞 1983年5月4日 朝刊16ページ
  11. ^ インドが対戦拒否 世界卓球、イスラエルと
  12. ^ 第37回世界卓球第5日・団体戦 日本女子決勝へ 北朝鮮破り12年ぶり 読売新聞 1983年5月3日朝刊 17ページ
  13. ^ 中国No.2の謝敗れる 第37回世界卓球第8日・個人戦 糠塚、ボーガンに涙 男子単 読売新聞 1983年5月7日 朝刊16ページ
  14. ^ 王者・郭(中国)引退に花 "僚友決戦" 蔡を破りV2 第37回世界卓球 最終日・個人戦 読売新聞 1983年5月10日 朝刊17ページ
  15. ^ こだま 読売新聞 1983年5月8日 朝刊 16ページ
  16. ^ ニューデリーで決着 87年世界卓球開催地 読売新聞 1983年5月8日 朝刊16ページ
  17. ^ 王座奪回へ若返り 世界卓球選手団 斎藤ら最大の37人 読売新聞 1982年12月30日朝刊16ページ
  18. ^ 日本男子4強逃す 女子は1位で進出 第37回世界卓球第4日・団体戦 読売新聞 1983年5月2日 16ページ
  19. ^ 第37回世界卓球第3日・団体戦 日本男女5連勝 女子 強敵・韓国を破る 読売新聞 1983年5月1日 朝刊16ページ
  20. ^ 第37回世界卓球第5日・団体戦 日本女子決勝へ 北朝鮮破り12年ぶり 読売新聞 1983年5月3日 16ページ
  21. ^ 中国強し! 男女制す 日本女子健闘 2位 第37回世界卓球第6日・団体戦 1983年5月4日 朝刊16ページ
  22. ^ 無念 日本また無冠 男子複で苦杯 中国「完全」逸す 読売新聞 1983年5月9日 朝刊16ページ

外部リンク[編集]