林直樹

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
林 直樹
(はやし なおき)
生誕 林 直樹
(はやし なおき)
1955年生まれ
日本の旗 日本東京都
居住 日本の旗 日本
国籍 日本の旗 日本
研究分野 精神医学
精神病理学
精神療法
研究機関 東京大学医学部
東京大学教育学部
東京都精神医学総合研究所
東京医科歯科大学医学部
帝京大学医学部
出身校 東京大学医学部医学科
博士(医学)東京大学1993年
プロジェクト:人物伝

林 直樹(はやし なおき、1955年 - )は、日本の医学者精神科医帝京大学医学部教授博士(医学)[1][2]

略歴[編集]

1955年東京都に生まれる。1980年東京大学医学部卒業。1993年博士(医学)東京大学[2]東京大学附属病院分院神経科、東京都立松沢病院精神科東京都精神医学総合研究所精神病理精神分裂病)研究部門)、都立松沢病精神科部長を経て、現在帝京大学医学部附属病院メンタルヘルス科教授東京医科歯科大学医学部臨床教授東京大学教育学部客員教授東京都精神医学総合研究所客員研究員[1]

著書[編集]

  • 『境界例の精神病理と精神療法』金剛出版(1990)
  • 『人格障害の臨床評価と治療』金剛出版(2002)
  • 『パーソナリティ障害 ーいかに捉え、いかに対応するか』新興医学出版社(2005)
  • 『パーソナリティ障害とむきあう―社会・文化現象と精神科臨床』日本評論社(2007)
  • 監修『リストカット・自傷行為のことがよくわかる本』講談社(2008)
  • 『よくわかる境界性パーソナリティ障害 —不安定な自分を変えていく、治療とセルフケア』 主婦の友社、2011年8月。ISBN 9784072789650

出典[編集]

  1. ^ a b 林直樹 『よくわかる境界性パーソナリティ障害 —不安定な自分を変えていく、治療とセルフケア』 主婦の友社、2011年8月。ISBN 9784072789650
  2. ^ a b 林直樹. “境界例患者の神経症症状の臨床的研究”. 国立国会図書館. 2013年9月25日閲覧。

関連項目[編集]

関連人物[編集]

外部リンク[編集]