偉関晴光

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
偉関晴光
選手情報
生年月日 1962年7月2日(51歳)
最高世界ランク 17[1]
利き腕
グリップ 中国式ペンホルダー
戦型 攻撃型
フォア面ラバー 裏ソフト
バック面ラバー 粒高1枚
テンプレートを表示
獲得メダル
中華人民共和国の旗 中国
男子卓球
オリンピック
1988 ソウル 男子ダブルス

(陳龍燦と)

偉関 晴光いせき せいこう1962年7月2日 - )は、中華人民共和国広西省出身の日本の元卓球選手である。中国広西スポーツ専門学校卒業。チームジュウイック所属。中国名「韋晴光(ウェイ・チングァン)」。妻は同じく元中国代表の卓球選手で、平成10年度全日本選手権混合ダブルスチャンピオンの偉関絹子。

経歴[編集]

中国選手時代には、1987年世界選手権ニューデリー大会ダブルス優勝、1988年ソウルオリンピックダブルス金メダル (両者とも、パートナーは陳龍燦) など、輝かしい成績を残した。

1991年に一度現役を引退したが、後に日本で現役復帰。熊本の実業団チーム壽屋→ラララでプレーして日本リーグで活躍した。

1997年には日本国籍を取得。全日本選手権男子シングルス初出場初優勝の快挙を達成。翌1998年も優勝した他、計4回に亘って同タイトルを制した。以降、国内で数多くのタイトルを獲得。シドニー五輪などの、国際試合の舞台でも活躍を見せた。

2007年の秋田わか杉国体へ、地元開催の秋田県チームとしての出場を最後に、引退した。 2009年より、東京都北区にて卓球場『偉関卓球ランド』を運営している。

プレースタイル[編集]

フットワークを大きく使わずに、バックブロックなどで相手を揺さぶり、相手の体制が崩れたところをドライブで狙い打った。ドライブの威力は大きく衰えず、特にカット主戦型との対戦を得意とし、松下浩二渋谷浩との対戦に分があった。また、プレーでミスをすると、中国語で哎呀(アイヤー)と言うときがある。

主な戦績[編集]

-中国時代-

-日本時代-

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 日本国籍取得後

外部リンク[編集]