トウ亞萍

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
鄧亞萍 Table tennis pictogram.svg
選手情報
生年月日 1973年2月5日(43歳)
最高世界ランク 1位
利き腕
 
獲得メダル
中華人民共和国の旗 中国
卓球
オリンピック
1992 バルセロナ 女子シングルス
1992 バルセロナ 女子ダブルス
1996 アトランタ 女子シングルス
1996 アトランタ 女子ダブルス
世界卓球選手権
1989 ドルトムント 女子ダブルス
1991 千葉 女子シングルス
1991 千葉 女子ダブルス
1991 千葉 女子団体
1993 イェテボリ 女子ダブルス
1993 イェテボリ 女子団体
1995 天津 女子シングルス
1995 天津 女子ダブルス
1995 天津 混合ダブルス
1995 天津 女子団体
1997 マンチェスター 女子シングルス
1997 マンチェスター 女子ダブルス
1997 マンチェスター 混合ダブルス
1997 マンチェスター 女子団体
テンプレートを表示

鄧 亞萍(とう あひょう、英語: Deng Yaping, 1973年2月5日 - )は、中華人民共和国河南省鄭州市出身の女子卓球選手。オリンピックで4つの金メダルを獲得するなど世界大会で18回の優勝がある[1]

経歴[編集]

選手時代[編集]

1990年から1997年までの8年間、女子卓球世界ランキング1位だった。

1989年、世界選手権ドルトムント大会の女子ダブルスで優勝 (パートナーは喬紅)。

1991年の世界選手権千葉大会ではシングルスで優勝、団体とダブルスで準優勝した。また、卓球が正式種目となった1992年のバルセロナオリンピックでも、シングルス、ダブルスで金メダルを獲得した。

1993年の世界選手権イェテボリ大会では、中国からシンガポールに帰化したジン・ジュンホンを相手に、シングルスでまさかの敗退を喫したものの、団体で優勝、ダブルスで準優勝した。

1994年アジア競技大会では、日本に帰化した小山ちれに決勝で敗れた[2]

翌1995年の世界選手権天津大会では団体、シングルス、ダブルスで優勝し、女子種目三冠王に返り咲いた。

1996年のアトランタオリンピックのシングルス、ダブルスで金メダルを獲得。

1997年の世界選手権マンチェスター大会では団体、シングルス、ダブルスで優勝、混合ダブルスでも準優勝を収めた。同年、24歳で現役を引退した。

引退後[編集]

2008年の北京オリンピックでは、組織委員会で選手村業務担当の副部長を務めた[3]

2009年4月には、中国共産党共産主義青年団北京市委員会副書記に就任した[4]

2010年9月25日、人民日報人民網が協同出資した「人民捜索網絡股フェン公司」の総経理に招聘されることとなった[5]。同年11月、広州市で行われるアジア競技大会の聖火最終走者としてバレーボールの郎平と共に有力候補として彼女の名前が報じられた[6]。人民日報副秘書長にも就任していた彼女は同年12月、北京郵電大学で行われた講演会で「人民日報は62年間、一切虚偽の報道は行っていない。」と発言、批判が殺到した[4]

2012年のロンドンオリンピック開催中、ロンドン地下鉄の駅名に他の世界の有名アスリートとともに名付けられることが報じられた[7]

彼女は、中国における20世紀を代表する女子スポーツ選手に選ばれた。ギネスブックに、彼女の名前が載ったことがある。

主な戦績[編集]

引退後[編集]

彼女は引退後の1997年国際オリンピック委員会委員となった。

また、清華大学で学士の学位を、2006年3月にはイングランドノッティンガム大学で修士の学位を取得した。その後、ケンブリッジ大学で経済学のPh.D.の取得を目指している。

同じ卓球選手の林志剛と結婚して、男の子が1人いる。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 金メダル4枚の卓球選手「高すぎる期待は逆効果」”. レコードチャイナ (2007年8月9日). 2012年3月31日閲覧。
  2. ^ 94年アジア大会卓球でトウ亜萍を破った小山ちれ選手”. 人民網 (2009年3月20日). 2012年3月31日閲覧。
  3. ^ トウ亜萍副部長、「ポスト五輪の鍵は中国の持続可能な発展」”. 中国国際放送局 (2008年3月11日). 2012年3月31日閲覧。
  4. ^ a b 「人民日報62年間一切の虚報なし」、副社長の放言に批判”. サーチナ (2010年12月20日). 2012年3月31日閲覧。
  5. ^ 卓球のトウ亜萍氏が人民捜索の総経理に就任”. 人民網 (2010年9月26日). 2012年3月31日閲覧。
  6. ^ 聖火最終走者は郎平かトウ亜萍? 広州アジア大会”. 共同通信 (2010年11月11日). 2012年3月31日閲覧。
  7. ^ 有名アスリートの名前がロンドン地下鉄の駅名に、中国人も13人―中国メディア”. excite.ニュース (2012年3月30日). 2012年3月31日閲覧。

外部リンク[編集]