らくごin六本木

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
らくごin六本木
Gekidan-haiyuuza 0104.jpg
番組の公開収録が行われていた俳優座劇場
ジャンル 演芸番組
放送時間 月曜 24:25 - 24:55(30分)
放送期間 1981年4月6日 - 1985年9月30日
放送国 日本の旗 日本
制作局 フジテレビ
出演者 高田文夫
三遊亭小遊三
古今亭志ん五
三遊亭きん歌
テンプレートを表示

らくごin六本木』(らくごインろっぽんぎ)は、1981年4月6日から1985年9月30日までフジテレビで放送されていた落語専門の演芸番組である。放送時間は毎週月曜 24時25分 - 24時55分(日本標準時)。

概要[編集]

世間が漫才ブームの真っただ中にあった1980年代初頭、「若手漫才師の次は若手の噺家が日本のお笑いの担い手であってほしい」と考える高田文夫と、落語を愛してやまない番組スタッフたちの願いによってこの番組は制作された[要出典]。放送作家でありタレントでもある高田は、番組の司会と構成を兼任していた。

番組タイトルに「らくご」とあるが、実際には寄席からの中継録画ではなく、六本木にある俳優座劇場での公開収録だった。その事もあり、一般の寄席番組とは一味違う内容だった。また、司会の高田と一席交えた噺家との軽妙なトーク、そして落語の内容を視聴者に分かりやすく解説する等、落語を幅広い層(特に若年層)に親しんでもらえるきっかけとなった番組と言える[独自研究?]

番組は4年半にわたって放送されたが、この番組を通じてスターになった噺家はほんの一握りだった。

出演者[編集]

DVD[編集]

2010年9月15日、この番組の映像の一部を収録したDVD3種がポニーキャニオンより発売された。

外部リンク[編集]

フジテレビ 月曜24:25枠
前番組 番組名 次番組
-
らくごin六本木
(1981年4月6日 - 1985年9月30日)
冗談画報
(1985年10月7日 - 1986年9月29日)