春風亭柳橋 (7代目)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
7代目 春風亭(しゅんぷうてい) 柳橋(りゅうきょう)
本名 駒木根 正男
生年月日 1935年8月12日
没年月日 (2004-10-31) 2004年10月31日(69歳没)
出身地 日本の旗 日本東京都
師匠 3代目桂三木助
6代目春風亭柳橋
名跡 1. 桂木久夫(1952年 - 1956年)
2. 桂木久助(1956年 - 1959年)
3. 春風亭愛橋(1959年 - 1964年)
4. 9代目春風亭柏枝(1964年 - 1982年)
5. 7代目春風亭柳橋(1982年 - 2004年)
出囃子 せり
活動期間 1952年 - 2004年
所属 日本芸術協会→落語芸術協会
受賞歴
文化庁芸術祭優秀賞(1974年)
備考
落語芸術協会副会長(2004年)

7代目 春風亭 柳橋(しゅんぷうてい りゅうきょう、1935年8月12日 - 2004年10月31日)は落語芸術協会に所属した落語家。本名 駒木根 正男(こまきね まさお)。東京都出身。出囃子は『せり』。

来歴・人物[編集]

1952年4月、3代目桂三木助に入門。前座名:桂木久夫。1956年4月、二つ目に昇進し桂木久助に改名。1959年4月、師匠の三木助が日本芸術協会(現:落語芸術協会)脱会時に、定席に出続けるため(三木助は落語協会に移るのに冷却期間を置くために、一時期フリーランスとなった)、1959年6月、大師匠6代目春風亭柳橋門下へ移り、春風亭愛橋と改名。1964年4月真打に昇進し、9代目春風亭柏枝となる。1982年、7代目春風亭柳橋襲名。

得意ネタは3代目三木助譲りの「三井の大黒」などがある。

1974年文化庁芸術祭優秀賞受賞。落語芸術協会副会長を務めた。

2004年10月31日、消化管間葉系腫瘍のため死去。69歳没。以前、病と闘いながら高座に上がっており、生涯で経験した手術は8度におよぶ。3代目三遊亭遊三からは「柳橋さん、そんなに切ったり縫ったりするの大変だから、いっそお腹のところチャックにしたらどうですか」と言われたという。[要出典]

弟子[編集]

関連書籍[編集]

  • 鈴木直 編『七代目春風亭柳橋―至福の古典落語』(2006年10月、青蛙房
  • 鈴木直 編『七代目春風亭柳橋 お直し』(2008年9月、青蛙房)