立川談幸

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
立川 談幸たてかわ だんこう
立川 談幸
本名 高田 正博(たかだ まさひろ)
生年月日 (1954-07-29) 1954年7月29日(63歳)
出身地 日本の旗 日本東京都新宿区
師匠 立川談志
弟子 立川吉幸
立川幸之進
名跡 1. 立川談吉(1978年 - 1982年)
2. 立川談幸(1982年 - )
出囃子 三下がりかっこ
活動期間 1978年 -
活動内容 落語家
所属 落語協会(1978年 - 1983年)
落語立川流(1983年 - 2014年)
落語芸術協会(2015年 - )
公式サイト 立川談幸ホームページ

立川 談幸(たてかわ だんこう、1954年昭和29年)7月29日 - )は、落語家。本名、高田 正博東京都新宿区出身。落語芸術協会所属。出囃子は『三下がりかっこ』[1]

略歴[編集]

エピソード[編集]

  • 七代目立川談志唯一の内弟子(住み込み弟子)経験者。長期間談志と寝食を共にした経験から、一門の中でも談志の持芸を最も詳細に継承していると言われる。
  • 談志の破天荒な実生活を目の当たりに体験しており、住み込み時代の奇想天外なエピソードや談志の意外な人柄などを、落語の「」や講演などでおもしろ可笑しく語ることも多い。
  • 古典落語の持ちネタは200話以上ある。
  • 趣味は投扇(2003年の浅草観光連盟主催の投扇興大会では優勝)。
  • コント赤信号渡辺正行小宮孝泰とは明治大学時代の同期である。
  • 大学時代には落語研究会に所属していた。
  • 立川志の輔は同研究会の先輩だが、会社員経験後に入門したため落語家としては弟弟子である。
  • 所属していた立川流はいわゆる定席(新宿末廣亭鈴本演芸場・浅草演芸ホール・池袋演芸場)へ出演することができなかったが、2015年に落語芸術協会に入会してからは、定席へ出演している。立川流が落語協会を脱退した1983年以前は寄席での修行や出演を経験しており、32年ぶりの寄席復帰となった。ただし入会から2年間は「準会員」として扱われており、2017年1月に「正会員」となった後も落語芸術協会の香盤では真打でも別枠として扱われている[4]。また、立川流脱退に際しては了解を得ている[5]
    • 立川流在籍時に採用した一門の弟子(吉幸・幸之進)も2015年4月に落語芸術協会に入会した。いずれも立川流では二ツ目であったが、芸協入りに際し改めて前座修行を課されており、吉幸は1年間、幸之進は2年間を前座として過ごした。
    • 2017年には、芸協入会後として初の3人の弟子(幸七・幸太・幸吾)を採用している。

弟子[編集]

  • 立川吉幸(二ツ目)
  • 立川幸之進(二ツ目)
  • 立川幸七(前座)
  • 立川幸太(前座)
  • 立川幸吾(前座)
  • 立川幸平(前座)

著書[編集]

  • 『川柳立川流宗匠レース 天のご指名入ります』 (立川左談次立川談之助との共著、一二三壯治編、創芸社、2007年11月)
  • 『談志狂時代 落語家談幸七番勝負』 (うなぎ書房、2008年2月)
  • 『談志狂時代2 師匠のお言葉』 (うなぎ書房、2008年12月)
  • 『談志の忘れもの 落語立川流噺』 (うなぎ書房、2012年11月)

その他[編集]

  • NTTコムウェア「COMZIN」 IT川柳選者

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 落語立川流在籍時の出囃子は『吾妻八景』。2015年1月の落語芸術協会加入時に『三下がりかっこ』に変更。
  2. ^ “立川談幸、立川流を脱退 談志の内弟子、落語芸術協会へ”. 朝日新聞. (2014年12月28日). http://www.asahi.com/articles/ASGDM563WGDMUCVL01C.html 2014年12月28日閲覧。 
  3. ^ 60歳で立川流を脱会 入門40年目で初めて寄席のトリを務めた立川談幸の生き方 - スポーツ報知 2017年8月1日
  4. ^ 落語協会・落語芸術協会としての真打ではなく、立川流で真打に昇進していることが要因とみられる。
  5. ^ 立川談幸、立川流を脱退 落語芸術協会の準会員に - スポーツ報知 2014年12月28日

外部リンク[編集]