久喜邦康

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
久喜 邦康
くき くにやす
生年月日 (1954-05-30) 1954年5月30日(65歳)
出身校 日本医科大学医学部卒業
大学院修了
所属政党 無所属
公式サイト 久喜くにやす公式サイト

当選回数 3回
在任期間 2009年5月1日 -
テンプレートを表示

久喜 邦康(くき くにやす、1954年5月30日 - )は、日本政治家医師埼玉県秩父市長(2期)。元秩父市議会議員。2018年4月4日設立の「秩父新電力[1]」の代表取締役[2]

人物[編集]

埼玉県秩父市生まれ。祖父は元秩父市長(旧市)の久喜文重郞、父は元秩父市議会議員(旧市)の久喜愛三郎。日本医科大学医学部卒業、同大学院修了。1988年、秩父市で久喜医院を開業。この病院は、2009年の秩父市長選出馬以降は妻(東京女子医科大学卒の医師)が院長を務めており、久喜自身は経営、診療のいずれからも離れている。

2003年(旧市)、2005年(現市)には、秩父市長選にいずれも無所属で出馬したが、現職市長の栗原稔に敗れ落選。2006年の秩父市議選に無所属で出馬し、3,353票を獲得。2位の候補を大きく引き離してトップ当選を果たした。2009年、市議を任期途中で辞職し、秩父市長選に再出馬。選挙戦では、前年に発覚した現職市長の栗原の親族が経営する企業の所得隠し問題や、栗原が推進した箱物行政を批判。栗原を破り、3度目の挑戦で当選を果たした[3]2013年4月、自由民主党の推薦を受け市長に再選された。2期目は、市役所本庁舎と市民ホール建設、新火葬場建設を住民の合意を得て現在進めている。

2017年4月23日に行われた秩父市長選挙で16,022票を獲得し、市長選3回目の当選を果たした[4]

経歴[編集]

  • 昭和55年 日本医科大学医学部卒業 同大学付属病院 外科医局に入局
  • 昭和63年 同大学院修了
  • 昭和63年 久喜医院開業
  • 平成18年 秩父市議会議員
  • 平成21年 秩父市長
  • 平成25年 秩父市長2期目、現在に至る

主な公職[編集]

  • 全国山・鉾・屋台保存連合会 副会長(会長代行)
  • 全国過疎地域自立促進連盟 理事
  • 埼玉県治水砂防協会 会長
  • 埼玉県林業団体連絡協議会 会長
  • 埼玉県河川協会 理事
  • 観光農林業協会 会長
  • 秩父地区防犯協会 会長
  • 秩父林業対策協議会 会長
  • 秩父地域森林林業活性化協議会 会長
  • 秩父地域おもてなし観光公社 会長
  • 秩父地区防犯協会 会長
  • 秩父開発機構 取締役
  • 秩父宮会 理事

   その他多数

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 秩父新電力”. 秩父新電力. 2019年10月4日閲覧。
  2. ^ 会社概要”. 秩父新電力. 2019年10月4日閲覧。
  3. ^ 2009年12月04日 秩父版事業見直し
  4. ^ “【速報 秩父市長選挙 最終開票結果(選管確定)”. 秩父新報. (2017年4月23日). https://chichibu-shinpo.jp/?p=626 2019年10月4日閲覧。 

外部リンク[編集]

先代:
栗原稔
埼玉県秩父市長
2009年-
次代:
現職