橘家蔵之助

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

橘家 蔵之助(たちばなや くらのすけ)は、落語名跡。当代は2代目。

初代[編集]

初代橘家 蔵之助1880年3月5日 - 1950年頃?)は、愛知県出身の落語家。本名、木全 由太郎(きまた よしたろう)。

18歳で下駄屋に奉公をしていたがしくじり、天狗連に入って夢廼家浮世を名乗って東海道を7年ほど活動していた。明治30年代末に4代目橘家圓蔵の門に入り〆蔵から明治40年代初めに蔵之助となり、1907年に京都に現れ1908年に下阪し互楽派に出たり、東京筆世界という新聞社で支局主任をしていた。後に三友派に加入し、観客の意表を付く八の字髭と、あまり他の落語家がやらない『壁金』で人気を得た。

余興の『滑稽浪花節』では馬鹿当たりし、それ以外ではあまり評価をされなかった、しかし『百川』『意地競べ』『松山鏡』などは品と重みがあり立派であった。枕を振るのも巧く見事な出来栄えだったという。もう一つ評価されなかった理由に、名古屋訛りの東京落語が偏見をよんだようである。

戦後は高座を勤める機会は少なかった。しかし、寄席の楽屋に顔を出し、元気な姿を見せていた。新作落語も手掛け、『衛生料理』の作者。古典落語では『二人書生』『長頭まわし』『おはち』など演じ、SPレコードは『壁金』『滑稽浪花節』『天狗』など多くを残している。

2代目[編集]

2代目 橘家 蔵之助たちばなや くらのすけ
本名 小島 敏郎
生年月日 (1957-10-26) 1957年10月26日(61歳)
出身地 日本の旗 日本福岡県北九州市
師匠 8代目橘家圓蔵
名跡 1. 月の家かがみ(1982年 - 1986年)
2. 橘家鷹蔵(1986年 - 1996年)
3. 2代目橘家蔵之助(1996年 - )
出囃子 万才くずし
活動期間 1982年 -
所属 落語協会
受賞歴
第1回 林家彦六賞(1996年)
北九州市民文化奨励賞(1996年)

2代目橘家 蔵之助(たちばなや くらのすけ、1957年10月26日 - )は、福岡県北九州市出身の落語家。本名、小島 敏郎(こじま としろう)。落語協会所属。出囃子は『万才くずし』。

得意ネタは『鷺とり』『お血脈』『替り目』など。趣味は落語、観劇、プラモデル映画邦画)、キャンプ

略歴[編集]

  • 1981年3月 - 5代目月の家圓鏡(のち:8代目橘家圓蔵)に入門。
  • 1982年3月 - 前座となり、月の家かがみを名乗る。
  • 1986年9月 - 二つ目昇進。橘家鷹蔵に改名。
  • 1996年3月 - 真打昇進。2代目橘家蔵之助を襲名。

テレビ出演[編集]

※「チーム対抗!大喜利合戦」のスーパーバイザーとして出演(中盤の「芸の玉手箱」と「かけあい大喜利」を担当)。
2008年6月17日放送分(BS2において)では、師弟競演として師匠・圓蔵とともに出演。
※前身番組の『シブヤらいぶ館』(2006年度)→『BSふれあいステージ』(2007年度)1企画時のコーナー時代(「チーム対抗!大喜利合戦」にリニューアルする前の「花の落語家六人衆・お笑いブレインバトル」→「お好み大喜利」)からレギュラー出演している。

受賞[編集]

外部リンク[編集]

出典[編集]