橘家圓十郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

橘家 圓十郎(たちばなや えんじゅうろう)は、落語家の名。過去2人、圓十郎を名乗った落語家が存在する。

先代[編集]

橘家 圓十郎1871年(ないし1872年、逆算) - 1912年2月2日)は、落語家。本名は並木清太郎

初め天狗連で若葉屋咲松と名乗り場末の席に出ていた。一時の一座を組織した。明治30年代末に4代目橘家圓蔵門下で八百蔵から1910年に圓十郎となる。

橘家圓五郎(後の橘家圓玉(本名:岩出源次郎))と組んで「橘家圓五郎・圓十郎」で掛合噺を演じた。

当代[編集]

橘家 圓十郎(2代目)たちばなや えんじゅうろう
本名 鈴木 剛
生年月日 (1971-04-03) 1971年4月3日(47歳)
出身地 日本の旗 日本長野県飯田市
師匠 橘家竹蔵
名跡 1. 橘家亀蔵(1991年 - 2005年)
2. 橘家圓十郎(2005年 - )
出囃子 鶴亀
活動期間 1991年 -
所属 落語協会

橘家 圓十郎1971年4月3日 - )は、長野県飯田市出身の落語家。落語協会所属。本名は鈴木 剛(すずき たけし)。出囃子は『鶴亀』。

略歴[編集]

出演番組[編集]

大喜利コーナーに出演。大師匠8代目橘家圓蔵の直弟子と勘違いされることが多い。でかい風貌で有名であるが、あまり座布団は貰えず、出演できなくなることが多かった。なお彼が番組で着用していた黒い着物は、現在三遊亭王楽(BS笑点時代に灰色を着用)が着用している。

また本家の若手大喜利「大喜利下克上」に出演したこともあり、優勝して座布団運び(山田隆夫の代理)を務めた経験がある。

外部リンク[編集]

参考文献[編集]