関根&ルーの!クイズサクセス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

関根&ルーの!クイズサクセス』(せきねアンドルーの クイズサクセス)は、フジテレビ系列局で放送されたフジテレビ千代田企画製作のクイズ番組。製作局のフジテレビでは1992年10月から1994年3月まで、毎週日曜 13:30 - 14:00 (JST) に放送。

概要[編集]

司会は、『クイズ!早くイッてよ』から続投の関根勤と、当時関根と同じく浅井企画に所属していたルー大柴が務めた。ただし、ルーは番組初期において「今週の成功者」と称し、歴史上の人物などに扮して司会を務めるのが通例となっていた。

本番組終了後、千代田企画制作番組は「おそく起きた朝は…」に引き継がれた。

ルール[編集]

4名の解答者はそれぞれ得意分野ごとにジャンル分けされていて、基本的にそのジャンルのみに回答し、点数を競う。

  • どっちクイズ30 前期のオープニングクイズで解答者紹介を兼ねていた。30秒間の間に次々と2択クイズに回答、1問正解につき10点。
  • マルバツセブン 後期でどっちクイズ30に代わってやるようになったオープニングクイズ。各ジャンルごとに2人ずつ解答者が登場し、7問の○×クイズで正解数を競う。正解数の多い方が正解数×10点を持って解答席に座る(敗者は観客になる)。

同点ならサドンデスになるが、サドンデスの正解は一切点数にならない。

  • パーソナルクイズ~並・上・特上~ 解答者それぞれの得意分野に関する問題について「優先回答権」が与えられる。3秒経過しても答えない、あるいは誤答した場合はマイナス10点された上で「OPEN」となり、全員での早押しになる。

得点は並(1周)が10点、上(2周)が20点、特上(1周)が30点。早押しでの誤答はマイナス10点。

  • 頭出しクイズ 解答者1人ずつに問題を出題。2つの問題文の冒頭部だけを見て、回答したい問題を選択させていた(片方は難易度が低く、もう片方は超難問)。挑戦する前に全員賭け点をコンピューターにインプット(この時点で誰が何点賭けているかは本人しかわからない)し、正解なら賭け点と同じだけプラスされ、逆に間違いなら賭け点と同じだけマイナスされる。

賭け点の発表は、全員がクイズをやり終えた後に1人ずつ発表する。 最終的に獲得点数×500円が賞金になる。

サクセスBOX[編集]

最後に得点の高かった解答者が成功者となり、箱の中身をヒントで当てる「サクセスBOX」に挑戦できた。その時挑戦者はセットの中心に配置されたチャンピオン席に座り、正解すると「SUCCESS」というテロップ表示や、チャンピオン席の背後に設置された『カノン砲』と呼ばれる機械式のクラッカーから大量の銀色の紙吹雪が大量に発射されると同時に、全解答席の電飾が光り(サクセスBOXの時は通常、成功者の席のみ電飾が点灯している)、ファンファーレが流れた後に「congratulation!」のボイスが流れて海外旅行が贈られた。

ジャンル[編集]

4つのジャンルは以下のとおりで、前述のとおり各ジャンルを得意とする解答者が1人ずつ出場していた。

フジテレビ 日曜13時台後半枠
前番組 番組名 次番組
ゴールド・ラッシュ!
(13:30 - 14:30)
※30分繰り下げ
関根ルーの!
クイズサクセス
サンデーイベントアワー
(第5期)
(13:30 - 14:55)