クイズ列車出発進行

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
クイズ列車出発進行
ジャンル クイズ番組
放送時間 日曜 12:00 - 12:55(55分)
放送期間 1979年10月7日 - 1980年3月30日
放送国 日本の旗 日本
制作局 TBS
出演者 渡辺文雄
松宮一彦
小泉紀子
ラビット関根
エンディング 「ラブ・ソング」(西島三重子
テンプレートを表示

クイズ列車出発進行』(クイズれっしゃしゅっぱつしんこう)は、1979年10月7日から1980年3月30日までTBS系列局および福島テレビテレビ山口(いずれも当時はフジテレビ系列とのクロスネット局)で放送されていた、TBS製作の視聴者参加型クイズ番組である。放送時間は毎週日曜 12:00 - 12:55 (日本標準時)。

概要[編集]

同日曜12:00枠における前番組は毎日放送製作の『婚約診断スイッチON』で、TBS製作番組はそれまで日曜14:00枠に編成されていた。この番組のスタートとともに毎日放送製作枠とTBS製作枠が入れ替えられ、以来日曜12:00枠はTBS製作枠となった。

番組内容[編集]

  • 日本全国各地を訪れ、国鉄(現・JR)や私鉄の列車を借り切って行う。
  • 1チーム4人、10チーム(後期には8チーム)が列車の中で、一般常識クイズや開催される場所にちなんだ問題に挑戦。
    問題はすべて三者択一式。その中で、不正解だと1人が途中下車しなければいけない「落っこちクイズ」が数問、ラビット関根(現・関根勤)が車窓からの遠景に現れて正解を表現する「ラビットクイズ」(関根がどんなコスプレをしているのかを、三択で当てる)が1問あった(前期のみ)。
  • 「落っこちクイズ」はいつ出題されるかわからず、出題時には踏切警報機を模した小道具の警笛が突然鳴る。
    「落っこちクイズ」の出題場所は車内だけではなく、山陰本線が舞台になったときは列車に乗車前、松江駅の改札前で松宮が踏切警報器を装備した工事用ヘルメットを頭に着けて出題した(以後、乗車前の「落っこちクイズ」は恒例となる。ここでの敗者は列車に乗る事さえできず、見送りとなる)。
  • クイズの成績上位2チームは最終目的地で降車し、日本各地の名所で決勝戦を行い、優勝すると賞金40万円と20万円相当の旅行券、総額60万円獲得となる。前期にはクイズではなくご当地にちなんだゲームを行っていたが、後期に入ってクイズになった(東武日光線以降)。
  • 道中で1か所だけ「落っこちた」参加者を対象に、収録地にあるネット局のアナウンサーが担当する敗者復活(おたすけ)ゲームが行われて、落っこちた者の中から1人を選び出し課題を与え、それをクリアすれば賞金が出た(前期のみ)。
  • 路線距離が短い江ノ島電鉄では特別ルールが採用された。
    藤沢駅江ノ島駅間で2チームずつの○×クイズが行われ、間違ったチームは全員次の駅で降車し、指定された時間までに江ノ島まで走って移動。江ノ島で復活クイズが行われ、正解チームは前者の正解チームと合流し、江ノ島駅→鎌倉駅間で通常クイズが行われた。間違ったチームが全員降車するルールは、下記の全員失格ルールに繋がった。
  • 後期には、2チームずつの早押し対戦で負けた方が全員失格になるクイズがあった。このクイズの後には、下車駅のホームで日本テレビアメリカ横断ウルトラクイズ』の「バラマキクイズ」のようなクイズが行われ、停車時間内に正解した人は復活できるようになっていた。

出演者[編集]

司会[編集]

  • 渡辺文雄:都合で不参加の時もあり。その際にはTBSのアナウンサーが代理を務めた。
  • 松宮一彦:当時TBSアナウンサー。出題者も兼ねて出演していた。
  • 小泉紀子

レギュラー[編集]

訪れた場所と利用路線[編集]

エンディングテーマ[編集]

備考[編集]

司会の渡辺と松宮は、スタート直前まで同局で放送されていたバラエティドラマ『少女探偵スーパーW』で共演したことがある。

TBS系列 日曜12:00枠
前番組 番組名 次番組
婚約診断スイッチON
(1979年4月1日 - 1979年9月30日)
※12:00 - 12:45
ロッテ 歌のアルバム

ロッテ 歌のアルバム'79

(1969年4月 - 1979年9月30日)
※12:45 - 13:15
クイズ列車出発進行
(1979年10月7日 - 1980年3月30日)
日本縦断クイズ合戦
(1980年4月6日 - 1980年6月29日)