5時SATマガジン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
5時SATマガジン
CTV Main Building (1969-2016).jpg
番組の生放送が行われていた中京テレビ旧本社
ジャンル バラエティ番組音楽番組
出演者 マーキー谷口
ラビット関根
MAKOTO
大門俊輔
宇佐元恭一
大竹まこと
ほか
ナレーター 松元真一郎
オープニング 当該節参照
製作
製作総指揮 澤田健邦(総合プロデューサー)
プロデューサー 安部田公彦
苅谷隆司
柴垣邦夫
制作 中京テレビ
放送
音声形式 ステレオ放送
放送国・地域 日本の旗 日本
放送期間 1981年4月4日 - 1993年9月25日
放送時間 土曜 17:00 - 18:00
放送分 60分

5時SATマガジン』(ごじサタマガジン)は、1981年4月4日から1993年9月25日まで中京テレビで放送されていたバラエティ番組音楽番組である。放送時間は毎週土曜 17:00 - 18:00 (日本標準時)、中京テレビ旧本社Bスタジオからの生放送[1]。ただし、1990年代には事前収録による放送も幾度となく行われていた。

概要[編集]

当初の5時SATはローカルバラエティ色豊かな内容で、東海3県各地からの生中継リポート・音楽情報コーナー・スポーツ情報コーナーなどによって構成されていた。その当時は地元のスターを発掘し、視聴者からの投票結果でランキングを打ち出す「ローカルスターベストテン」のコーナーが人気を博していたが、番組自体は6年後に大幅な刷新を迎えるまでの間に司会者が幾度も交代するなど長らく迷走を続けていた。

その後の1987年、春の改編に合わせて内容を大幅に刷新。ローカル色を残しつつも全体的に音楽番組色を強めたところ、途端に10代を中心とする若い世代がファン層に付き、人気を博すようになった。この番組が放送される土曜夕方になると、中京テレビ旧本社所在地の名古屋市昭和区界隈は10代のいわゆる出待ちファンの群れでごった返すことも多かった。番組は大竹まこと野沢直子らが司会を務め、「ハイスクールBOY」などの非常に人気が高いコーナーを擁していた放送後期が最も波に乗っていた。

後期司会の大竹まことは、当時東京のテレビ番組ではスタジオのセットを壊すなど「キレるキャラクター」として知られていた。しかし、この番組では一転して司会に徹しており、時には鶏の被り物(当時本人がプリマハムのCMで演じていた「チキンマン」のセルフパロディ)を着用するなどナンセンスな茶化しを織り込みつつも、きちんと番組を進行させていた。そのため、大竹に対して前者の印象しか持っていなかったゲストが、この番組での大竹の対応や司会進行ぶりを目にして驚くという場面が幾度となく見られている。

この番組には毎週、多彩で豪華なゲストミュージシャンたちが訪れていた。メジャーになる前のBOØWYなど、この番組から東海地区で人気に火が付いて全国区へと進出していったミュージシャンたちも多い。当時番組のディレクターおよびプロデューサーを務めていた苅谷隆司(現・CTV MID ENJIN 副社長)は音楽業界においても有名になり、ブラザー・コーンは後の1993年1月18日付で[2]彼が中京テレビの制作部から別の部署へ異動したことについて、「地方局のディレクターの異動が業界の話題になるなんて苅谷さんぐらいなもの」と語っている。また、学生時代を名古屋で過ごしていた松下由樹TBSの『テレビ探偵団』に出演した際に、昔よく見ていたテレビ番組としてこの5時SATを紹介した。その時、テレビ探偵団のレギュラーで、過去に5時SATにゲスト出演したことがある西田ひかるも「この番組、私も出たことあるー!」と発言していた。

この番組は長年、地元のレコードショップ・玉音堂からメインスポンサーとして支え続けられた。特に番組が音楽番組路線へとシフトしてからは、CMスポットでゲストミュージシャンたちのレコードやCDの先行予約を行うなどのタイアップも幾度か行われていた。しかし、この番組も含め多数のバラエティ番組を手掛けていた苅谷隆司が別の部署へ異動したことや、後期サブ司会の永島浩之前島正義が音楽活動のみに専念することを決めたなどの事情が重なり、1993年9月25日放送分をもって12年半にわたる放送に幕を閉じた。その後、同土曜夕方枠ではこの番組のコンセプトをある程度保ちつつも、さまざまな要素を一新した後継番組『電波結社バババ団』がスタートした。

出演者[編集]

メイン司会[編集]

  • 初代0 マーキー谷口(後のマーキー) - 1981年4月から同年12月まで出演。体調不良により、同年末に1か月間の休暇を申し出て一時降板。以来ラビット関根が代役を務めていたが、その間に大麻取締法違反容疑で取り調べを受ける不祥事を起こし、正式に降板させられた[3][4]
  • 2代目 ラビット関根(後の関根勤) - 1982年1月から同年3月まで出演(マーキー降板からMAKOTO起用までの短期リリーフとして出演)。
  • 3代目 MAKOTO(後の北野誠) - 1982年4月から1984年3月まで出演。
  • 4代目 大門俊輔 - 1984年4月から1985年3月まで出演。
  • 5代目 宇佐元恭一 - 1985年4月から1987年3月まで出演。
  • 6代目 大竹まこと - 1987年4月から1993年9月まで出演。

サブ司会[編集]

  • 初代0 西郡よう子(後の星乃けい) - マーキー司会期中に降板。
  • 2代目 鹿取洋子 - マーキー司会期途中から1982年9月まで出演。
  • 3代目 矢野きよ実 - 1988年3月まで出演。
  • 4代目 矢野きよ実、永島浩之前島正義 - 1987年4月から永島・前島が加入。
  • 5代目 永島浩之前島正義野沢直子 - 1988年4月より、矢野から野沢にシフト(1991年3月をもって渡米・芸能活動休業のため野沢は降板)。
  • 6代目 永島浩之前島正義YOU - 1991年4月より、渡米のため降板した野沢の後任としてYOUが加入。以後、番組終了まで大竹・永島・前島・YOUの司会グループで番組を進行。

主な出演者[編集]

スタッフ[編集]

  • 構成:小林哲也、津曲裕之、赤沢奈穂子、山内志な子、斉藤振一郎
  • ブレーン:渡辺祐、市川哲史
  • タイトル:滝将浩
  • 制作協力:プロダクション人力舎、中京テレビ映像企画、エキスプレス、テイクオフ、中京ビデオセンター、ミュージックハウス、BBSテレビ、NK特機、ジェイルハウス、サンデーフォーク
  • ディレクター:船戸秀生、柄澤正也
  • プロデューサー:安部田公彦、苅谷隆司、柴垣邦夫
  • 総合プロデューサー:澤田健邦
  • 制作・著作:中京テレビ

オープニングテーマ[編集]

番組イベント[編集]

番組は毎年ゴールデンウィークの時期に、中京コカ・コーラ協賛のフリーライブイベント「5時SAT ROCK WAVE」を開催していた(1992年からは「5・SAT LOVE ROCKS」と題して実施)。名古屋港ガーデンふ頭つどいの広場、庄内緑地陸上競技場、ナガシマスパーランドジャンボ海水プール(水を抜いた状態)を会場にしていた。また、1991年5月には番組の放送10周年を記念し、小牧市民球場で「5時SAT10周年 おかげ様!祭り ロックフェスティバル」を開催した。それらの模様は、毎年中京テレビで特別番組として放送されていた(主に5時SAT本編放送前の土曜16時台に放送)。

初期の「5時SAT ROCK WAVE」が行われていた名古屋港ガーデンふ頭つどいの広場
「5時SAT ROCK WAVE '89」が行われたナガシマスパーランド
「5時SAT10周年 おかげ様!祭り ロックフェスティバル」が行われた小牧市民球場

エピソード[編集]

  • 1981年度の「ローカルスターベストテン」では名古屋電気高等学校時代の工藤公康がランクインし、アイドル的な扱いをされていた。ほか、このコーナーのベストテンにランクインしていた人物に高校生当時の神奈月がいる。
  • 番組が音楽番組路線へとシフトする以前の1985年、「ウィ・アー・ザ・ワールド」のパロディである「ういろ・ザ・ワールド」という歌が企画され、非売品ながらレコードもリリースされた。歌っているのは地元のミュージシャンたちで、歌詞は名古屋の名物を世界に広めようという主旨で書かれている。
  • 1986年4月26日放送分で行われた「ロックスターボウリング大会」には、BOØWYや聖飢魔IIなどが出場した。
  • マイケル・シェンカーにアンプを通さずにエレキギターを弾かせた。
  • レベッカのボーカル・NOKKOがコンサートツアー中に衣装を何者かに盗まれ、この番組の放送を通じて「返してください」と半泣きで訴えていた。
  • 司会の大竹が鶏の扮装をしてヘヴィメタルを歌ったことがある。
  • 大竹は料理の腕前を披露する企画を行っている最中に、カップに入っていた料理酒を水と間違えて一気に飲んでしまい、その後の番組進行をほろ酔い状態で行っていた。
  • 日比谷野音ロックコンサート会場からの生中継を実施したことがある。野沢直子のライブの時には、大竹や大槻ケンヂらが舞台の袖で牛乳を飲み続けるというパフォーマンスを行った。
  • X JAPAN(当時はX)がメジャーデビューすることを受け、番組は放送を通じて彼らをパワープッシュした。その際に大竹が「僕も前に曲を聴いたことがあるんだけど、このバンドはホントに凄いから」と、当時の大竹からは想像もできないほどに真剣な表情でプッシュをしていた。その事もあり、Xのメジャーデビューアルバムである『BLUE BLOOD』のスペシャルサンクス欄に「Mr.Kariya & 5ji-SAT MAGAZINE」と「Makoto Ohtake」のクレジットが入ることとなった。
  • Xはこの番組初出演の回でのリハーサル中、やる気が無さそうな態度で淡々と演奏をしていた。そのため、周りにいたスタッフは本当にこれがメタルバンドかと呆れていたが、本番になった途端にメンバー全員が激しく演奏をし始め、それを目の当たりにしたスタッフや大竹は仰け反ってびっくりしていた。その時の驚きが上記のパワープッシュに繋がっている。

脚注[編集]

  1. ^ a b 佐藤啓 (2016年11月14日). “昭和区高峯町の社屋とお別れ”. 佐藤啓の「ご歓談ください」. 中京テレビ. 2016年11月25日閲覧。
  2. ^ ラジごめII金曜日の王様』1993年1月8日放送分の「2005年宇宙へのメッセージ」に出演した際に、苅谷自らが人事異動日を公表。
  3. ^ “お笑いタレント『コロッケ』大麻たばこを回し飲み”. 中日新聞夕刊. (1982年1月21日) 
  4. ^ “マーキーを降ろす 大麻事件で中京テレビ”. 中日新聞. (1982年1月23日) 
  5. ^ 佐藤啓 (2014年10月27日). “再会を喜ぶ②”. 佐藤啓の「ご歓談ください」. 中京テレビ. 2016年11月25日閲覧。

関連項目[編集]

  • ふるさと・わが町ベスト10 - 同時期に中京テレビで放送されていた紀行番組で、「ローカルスターベストテン」のコーナーは同番組へと引き継がれた。
  • ラジごめII金曜日の王様 - 同時期に中京テレビで放送されていたバラエティ番組で、同番組に出演したゲストが翌日の5時SATにもゲスト出演するケースがよく見受けられた。例として、槇原敬之(1992年1月11日放送分出演)や小堺一機(1992年5月9日放送分出演)、電気グルーヴ(1992年8月22日放送分出演)や木根尚登(1992年11月28日放送分出演)などがいる。
  • ここにシャチあり! (『TVじゃん!!』木曜) - 後に中京テレビが製作した日本テレビ系全国ネットのバラエティ番組で、後期5時SATのテイストを盛り込んでいた。司会も同じく大竹まことが務めていたが、番組はわずか半年で終了した。
中京テレビ 土曜17:00枠
前番組 番組名 次番組
ヤンヤン歌うスタジオ
(1979年4月21日 - 1981年3月28日)
【土曜16:00枠へ移動】
5時SATマガジン
(1981年4月4日 - 1993年9月25日)
電波結社バババ団
(1993年10月2日 - 1995年3月25日)