日本縦断クイズ合戦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
日本縦断クイズ合戦
ジャンル クイズ番組
放送時間 日曜 12:00 - 12:55(55分)
放送期間 1980年4月6日 - 同年6月29日
放送国 日本の旗 日本
制作局 TBS
出演者 出門英松宮一彦
テンプレートを表示

日本縦断クイズ合戦』(にっぽんじゅうだんクイズがっせん)は、TBS系列局および福島テレビテレビ山口(いずれも当時フジテレビ系列とのクロスネット局)で放送された視聴者参加型クイズ番組である。TBSでは1980年4月6日から同年6月29日まで、毎週日曜 12:00 - 12:55(JST)に放送。

概要[編集]

クイズ列車出発進行』の後番組。内容は前番組とは大きく異なっていたが、国鉄(現・JR)と私鉄列車を借り切って行うというスタイルはそのままだった。

なお、タイトルから「列車」が外れたことから、最終回のみ鉄道を一切使用せずバスのみで行われている。

出演者[編集]

司会

ルール[編集]

毎週16組32人(1チーム2人)が出場。進行はトーナメント方式で、1回戦では2チーム対抗の「落っこちクイズ」(踏切警報機SEが鳴る)を実施。早押しで解答権を得ていくパターンで、不正解を出したチームはその時点で失格となり、次の停車駅で降りるという一発勝負のクイズだった。2回戦では3択問題を出題。成績上位4チームが準決勝に進めた。

準決勝は早押しクイズで、2チームずつに5問が出題されていたが、どこかで「引き裂きクイズ」があった。踏切警報器のSEが鳴るとその2チームに問題が出され、不正解を出すと1チームのうちの1人が次の停車駅で降りなければならないというルールで行われた(決勝戦に残っても1チームに1人でしか挑戦できなくなる)。5問中3問を先取すると決勝戦に進出。決勝進出チームは最終目的地で降車し、降車先の名所で決勝戦を行った。

決勝戦も早押しクイズで、9問のみ出題。5問を先取した側がチャンピオンチームとなり、三井旅行[要検証 ]で行くアメリカディズニーランド旅行と副賞の賞金10万円が贈られた。なお、賞金の額は1問正解につき2万円で、9問全て終了した時点でチャンピオンが出なかった場合には正解数の多いチームが優勝となり、獲得賞金分と国内旅行券がプレゼントされた。

訪れた場所[編集]

ほか

備考[編集]

『クイズ列車出発進行』時代には開催地に因んだクイズを出題するケースが多く見られたが、この番組が出題していたクイズは正統派の知識クイズだった。

TBS系列 日曜12時台
前番組 番組名 次番組
クイズ列車出発進行
(1979.10.7 - 1980.3.30)
日本縦断クイズ合戦
(1980.4.6 - 1980.6.29)
体力ゲームドンGAMBA!
(1980.7.6 - 1980.12.28)