山手線ゲーム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

山手線ゲーム(やまのてせんゲーム)あるいは古今東西ゲーム(ここんとうざいゲーム)とは、宴会コンパキャンプファイヤーの席で多人数で行うゲームの1つ。主に場の雰囲気を盛り上げるために行われる。

「山手線ゲーム」という名前は、お題として「山手線の駅名」がよく使われたことに由来する。一方「古今東西」の名前は、「世の中のこと全て」を意味する四字熟語に由来する。

ルールが容易であることから、テレビ(主にバラエティ番組)やラジオ番組のコーナーとしてしばしば取り入れられている。

ルール[編集]

「お題」として1つのテーマを定め、そのお題に沿った解答を参加者が順番に解答していく。「お題」は誰にもいくつか答えが思いつくもので、正誤の判定が容易に可能なもの(「日本都道府県の名前」「タロット22大カードの名前」など)で、一度出た答えは再び答えとして使うことは出来ない。答えが全て出尽くすと終了となるが、通常は同じ答えを2回言ったり、途中で解答を言えなくなったり、テーマに合わない誤答をした者が敗者となる。敗者に対してはしばしば罰ゲームが行われる。

よく使われる「お題」[編集]

  • 世界の国名
  • 島の名前
  • 果物の名前
  • 野菜の名前
  • 楽器の名前
  • 職業の名前
  • 料理の名前
  • 鉄道路線の名前

など

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]