グッチ裕三とグッチーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
グッチ裕三とグッチーズ
別名

グッチ裕三&グッチーズ
江戸前グッチーズ

スーパーグッチーズ
出身地 日本の旗 日本
ジャンル

リズム・アンド・ブルース
ソウルミュージック
ポップ・ミュージック

活動期間 1992年 -
レーベル ポリドール・レコード
ワーナーミュージック・ジャパン
ユニバーサルミュージック
公式サイト グッチ裕三オフィシャルサイト
メンバー

グッチ裕三(ボーカル
エレキ・ケンメイ(ギター
ヒトヨシノビタ(キーボードコーラス
ジャイアント(ドラムス、コーラス)

渡辺建(ベース、コーラス)
旧メンバー

オッチャン(ベース、コーラス)
ハチロー・ユキ(ベース、コーラス)

シュガー・クミ(キーボード、コーラス)

グッチ裕三とグッチーズ(グッチゆうぞうとグッチーズ)は、歌手、タレントのグッチ裕三を中心とする日本のバンド

概要[編集]

1992年に結成。活動の主体は地方でのライブやディナーショウであり、『ハッチポッチステーション』(NHK教育テレビ)などグッチ裕三の出演番組以外にメディアへの露出は少ない。

来歴[編集]

  • 1992年ビジーフォースペシャルのボーカルであったグッチ裕三がソロ活動を開始、結成。当初はグッチ裕三とバンドメンバー5人の6人編成で活動。
  • 1996年、テレビ番組『ハッチポッチステーション』(NHK教育)のレギュラーにグッチ裕三が起用される。グッチーズが番組の音楽を担当し、歌のコーナー『ハッチポッチMTV』に出演。当時のメンバー5人をモデルにしたパペットバンド「リトルグッチーズ」も登場した。
  • この間、1999年までにシュガー・クミが脱退[1]。以後、グッチ裕三を含めて5人編成となる。
  • 2002年、ハチロー・ユキが逝去、後任としてオッチャンが加入。
  • 2003年、『ハッチポッチステーション』レギュラー放送終了。公開収録となった『あつまれ!みんなの広場 ハッチポッチステーション』に出演。
  • 2004年、『みんなの広場 ハッチポッチステーション』の後番組『ぐっとくるサンデー』(NHK教育)に出演。主題歌、音楽を担当。
  • 2005年、グッチ裕三が『きよしとこの夜』(NHK総合)に起用。グッチーズはブラスパートを中心にサポートメンバーを加えた「スーパーグッチーズ」として出演。番組の音楽はヒトヨシノビタ、雨宮賢明(エレキ・ケンメイ)が担当した。
  • 2009年、『きよしとこの夜』放送終了。
  • 2011年、オッチャンが脱退、サポートメンバーの渡辺建がレギュラーメンバーに昇格。

メンバーと担当[編集]

現在のメンバー[編集]

  • グッチ裕三(ボーカル)
『ハッチポッチステーション』では主題歌『ハッチポッチファミリー』を始めオリジナル曲の作詞も行った。
  • エレキ・ケンメイ(ギター)
グッチーズのバンドリーダー[2]。作曲、編曲も担当。
別名義にエレキ賢明、雨宮 賢明(あめみや まさはる)[3]等があり、雨宮賢明名義で『きよしとこの夜』の音楽を担当した他、演劇人形劇に楽曲を提供している。
本名、小山 実。1957年7月5日生まれ。大阪芸術大学音楽科中退[4]
1979年、自作曲『倖せへの道』で第18回ヤマハポピュラーソングコンテストに入賞[5]、翌1980年シンガーソングライターとしてデビュー。ミュージシャンとして西田敏行真田広之小林明子classらのバックバンド、サポートに参加した後、グッチーズに加わる[4]
作曲、編曲を手がける他、コーラスではファルセットボイスを活かした高音パートを担当。
近年は『わがまま☆フェアリー ミルモでポン!』などのテレビアニメの音楽制作や、「ヒトヨシノビタとゆかいな仲間たち」「ノビタオーケストラ」など独自の音楽活動も行っている。
一部、作曲者表示などで「人良のび太」との表記も用いられる。
  • ジャイアント(ドラムス、コーラス)
コーラスでは低音パートを担当。別名「係長」[2]
1953年6月28日生まれ。
1976年、フュージョン・グループ プリズムのベース・プレイヤーとして、デビュー。2001年、プリズムを脱退後は、アーティストのサポート・ミュージシャンとして、あるいはミュージカルやショーでの演奏などの活動をする。また、スタジオ・ミュージシャンとしての活動も多く、数多くのレコーディング、アレンジメント、セッションに参加。その他、教則ビデオ、教則テキストの作成、音楽学校講師など、精力的な活動をしている。
サポートメンバーであったが2011年7月より正式加入[6]。バンドネームの有無は不明。

過去のメンバー[編集]

  • オッチャン(ベース、コーラス)
2002年より加入。加入間もない時期は「オッチャンサン」とクレジットされていたが、『ぐっとくるサンデー』(2004年)以降「オッチャン」となる。
オッチャンと呼ばれる由来は、元来本人が自分のことを「おっちゃんはなぁ~」と言う口癖から。
西田ひかるによって正式にオッチャンと命名される。
ハッチポッチステーション出演にあたってNHK側から"オッチャン"と言う呼称に物言いが付き、苦肉の策で敬称の"さん"を付けてみたところOKが出た。
雨水英司名義でも活動、過去にはCHAGE and ASKA吉田拓郎世良公則、などのバックバンドのベーシストでもあった[7]
2011年脱退。
  • ハチロー・ユキ(ベース、コーラス)
本名、南 正幸(みなみ まさゆき)[8]。ベーシストとして井田リエ&42ndストリート等に参加。2002年逝去[8]
  • シュガー・クミ(キーボード、コーラス)
在籍時にはヒトヨシノビタ、ハチロー・ユキとの3人でコーラスを担当していた。レギュラーメンバーでは唯一の女性[9]であったが、既に脱退。

出演番組[編集]

過去の出演番組[編集]

  • ハッチポッチステーション(NHK教育)音楽担当
  • あつまれ!みんなの広場 ハッチポッチステーション(NHK教育)音楽担当
  • ぐっとくるサンデー(NHK教育)音楽担当
  • きよしとこの夜(NHK総合)音楽担当
  • きょうの料理(NHK総合)
グッチ裕三の担当回に「江戸前グッチーズ」として出演
復活したビジーフォー(グッチ裕三、モト冬樹のみ出演)のバックバンドとして出演。

ディスコグラフィ[編集]

  • ハッチポッチファミリー c/w 夕暮れママ(シングル)
発売元:ポリドール・レコード 発売日:1997年6月30日 品番:PODH-1369
  • ハッチポッチステーション WHAT'S ENTERTAINMENT?
発売元:ワーナーミュージック・ジャパン 発売日:2001年11月21日 品番:WPC7-10121
  • ハッチポッチステーション ベスト・オブ・江戸川サリバンショー
発売元:ワーナーミュージック・ジャパン 発売日:2002年2月14日 品番:WPC7-10128
  • ハッチポッチステーション The BEST
発売元:ワーナーミュージック・ジャパン 発売日:2002年11月13日 品番:WPC7-10159
  • 南国パラダイス c/w 七月の子守唄(シングル)
発売元:ユニバーサルミュージック 発売日:2005年10月26日 品番:UPCH-5340
『浅草パラダイス』(鹿島ひろ美)のカバーで、玉緒&中川家(『大阪パラダイス』)、マリアン(『カリフォルニア・パラダイス』)らとの競作[10]

出典[編集]

  1. ^ 1999年3月20日に発売されたビデオ『ハッチポッチステーション』第1巻(日本コロムビア、COVC-6307)のエンドロールでは既にメンバーは4人になっている。
  2. ^ a b グッチーズメンバー紹介」 グッチ裕三ファンクラブ(インターネットアーカイブのキャッシュ、2002年2月2日)
  3. ^ 渡辺建 「Chika ツアー & MESAR サマー・セミナー」 Ken Watanabe Official Web Site、2005年9月10日
  4. ^ a b ヒトヨシノビタ プロフィール」 smile face~ヒトヨシノビタ公式サイト
  5. ^ 第18回ポピュラーソングコンテスト」 ヤマハ音楽振興会
  6. ^ 渡辺建 「速報!!」 Ken Watanabe Official Web Site、2011年7月5日
  7. ^ 杉澤敏朗(すぎちゃん) 「スタジオデビュー?」 すぎちゃんのジムカーナ日記、2011年1月18日
  8. ^ a b 『ソロモン流』2006年10月1日放送
  9. ^ サポートメンバーを含めると、『きよしとこの夜』で女性ミュージシャンが数回参加している。
  10. ^ http://www.hmv.co.jp/product/detail/1461001

外部リンク[編集]