赤ペン瀧川

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
赤ペン瀧川先生から転送)
Jump to navigation Jump to search
あかペンたきがわ
赤ペン瀧川
別名義 瀧川 英次
生年月日 (1977-12-27) 1977年12月27日(40歳)
出生地 日本の旗 日本 神奈川県
身長 168 cm
職業 映画コメンテーター俳優演出家
配偶者 あり(2013年 ‐ )
事務所 ワタナベエンターテインメント
公式サイト 公式プロフィール

赤ペン瀧川(あかペンたきがわ、1977年12月27日 - )は、日本映画コメンテーター俳優演出家[1]。別名、瀧川 英次(たきがわ えいじ)。

神奈川県出身、ワタナベエンターテインメントに文化人として所属している[1]。赤ペン瀧川(なんでも添削家・映画コメンテーター)と、瀧川英次俳優演出家)の2つの顔を持つ。演劇ユニット「七里ガ浜オールスターズ」主宰[1]

略歴[編集]

なんでも添削家「赤ペン瀧川」としてTV、ライブ、コラムなど多方面で活躍中。スライドとトークを武器に1人で様々な角度から添削(ツッコミ)しまくるのが芸風[1]

mixiの人気コミュニティ「エロメール添削 赤ペン瀧川」管理人。

エロメール添削家を始めたキッカケは、本人はもともとPCに精通しているわけではなく、友人から転送されてきた迷惑メールにツッこんだことがすべての始まり。

mixiの本人の日記でアップしてみたところ、続報を期待するコメントが多数寄せられ、コミュニティを立ち上げて添削をスタートした結果、会員数は1000人を超えた(現在は2000人を超えている)。当時はまだPCすら持っておらず、もっぱら漫画喫茶での活動だった。

さらに、たまたまこのコミュニティを見たロフトプラスワン関係者が「ライブでやらないか?」といったことが契機で、2008年、スライドショー形式による初の添削ライブを行うことになった。

エロ・迷惑メールに留まらず、親族メール添削、サラリーマン川柳添削、ニート川柳添削、excite翻訳添削、歌詞添削など、ライブではさまざまな添削にチャレンジ。多彩な才能を披露している。

2018年10月期の『警視庁捜査資料管理室』(仮題、BSフジ)で連続ドラマ初主演[2]

出演[編集]

舞台[編集]

テレビドラマ[編集]

ウェブドラマ[編集]

映画[編集]

ウェブテレビ[編集]

  • 原宿アベニュー(2017年7月15日 - 2018年4月1日、AbemaTV) - コメンテーター[3][4]
  • ガオガオGYAO! (2016年 - 、GYAO! ) - 赤ペン瀧川の今週の1本

その他[編集]

  • 映画天国日本テレビ)内のコーナー「赤ペン瀧川先生の映画の穴」(2012年4月 - 2013年3月)
  • 映画天国(日本テレビ)内のコーナー「赤ペン瀧川先生の映画の玉」(2013年4月 - 2013年9月)
  • 赤ペン瀧川先生の配信大学(テレ朝動画
  • 赤ペン瀧川先生のなんでも濃いや(テレ朝動画)

赤ペン瀧川の添削ライブ[編集]

2008年から「赤ペン瀧川先生の添削スライドショー」と銘打って 2015年現在までに24回の公演を東京・大阪・名古屋・福岡にて行う[1]

ディスコグラフィー[編集]

DVD[編集]

  • 赤ペン瀧川先生のエロメール添削<迷惑メールめった斬りの巻(2010年5月27日、SHOCHIKU Co.,Ltd)
  • 赤ペン瀧川先生のエロメール添削<出会い系サイト潜入めった斬られの巻(2010年5月27日、SHOCHIKU Co.,Ltd.)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e “赤ペン瀧川/瀧川英次プロフィール”. ワタナベエンターテインメント. (2015年4月8日). http://www.watanabepro.co.jp/mypage/60000013/ 
  2. ^ a b “「踊る」コンビ!本広監督×亀山社長で新作連ドラ、主演に瀧川英次”. SANSPO.COM (産経デジタル). (2018年9月20日). https://www.sanspo.com/geino/news/20180920/geo18092005050012-n1.html 2018年9月20日閲覧。 
  3. ^ 大川藍、前島亜美、芹澤優がAbemaTVの“週末のお昼の顔”に!最新エンタメ情報を発信”. TVLIFE web (2017年6月26日). 2017年7月16日閲覧。
  4. ^ 原宿アベニュー【見逃し配信】”. AbemaTV (2017年7月16日). 2017年7月16日閲覧。

外部リンク[編集]