コサキンのラジオごっこ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
コサキンのラジオごっこ
ジャンル バラエティ
ターナージャパンMONDO TV
出演者 コサキン小堺一機関根勤
放送
放送国・地域 日本の旗 日本
第1シーズン
放送期間 2016年10月7日 - 2017年3月24日
放送時間 隔週金曜23:00 - 23:30(30分)
回数 13
第2シーズン
放送期間 2017年8月16日 - 2018年1月31日
放送時間 隔週水曜23:00 - 23:30(30分)
回数 13

コサキンのラジオごっこ[1]』は、日本のテレビバラエティ番組である。

コサキン小堺一機関根勤)が出演、MONDO TVが制作・放送する30分番組。隔週で放送され、以降も曜日・時間帯を問わずリピート放送が幾度となく行われている。

概要[編集]

コンビとしては、2015年9月27日に放送を終了した紀行バラエティ番組コサキン道中 ぶらっぶらっぶらっ!』(BSフジ)以来、約1年ぶりのテレビレギュラー番組。2013年4月6日に放送を終了した『コサキンDEラ゛ジオ゛!』(BS朝日)の流れを汲む、ラジオ番組を模した形態のバラエティ番組となる。

第1シーズンは渋谷クロスFMの公開スタジオにて、おもに平日昼に収録が行われた。基本的には小堺・関根の2名だけで進行し、視聴者より寄せられた写真ネタを元にトークを展開。また、見学者とのやり取りや、時にはスタジオを飛び出して見学者と交流することもあった。第2シーズンからは通常のスタジオ収録となり、一般公開はなくなった。

当初の記者会見にて全13回と告知されており[2]、2017年3月24日放送の第13回にて第1シーズンは終了。その後、同年8月16日より第2シーズンの放送が開始された[3]。なお、回数のカウントは第1シーズンから継続しており、第2シーズン初回は「#14」とされている。第2シーズンは同じく全13回(#26)で、2018年1月31日に終了した[4]

2017年10月1日より、BS日テレにて毎週日曜日22:30 - 23:00に第1シーズンからの放送を開始。

2019年4月3日より、TOKYO MXにて毎週水曜日20:00 - 20:30に第1シーズンからの放送を開始。

進行[編集]

スタジオ内での写真ネタを交えたトークが最初から最後まで続き、その合間に下記のコーナーが挿入される。

  • 有名人が女性とお忍びで通うカラオケBOXがあるらしい(#1 - #2)
  • コサキンに見せたい写真 スマホで見せてよ〜(#3 - #5、#7 - #13)
    • ラジオブースを飛び出し、渋谷にいる女性のスマホ写真をチェック。最後に自撮り棒でコサキンと写真を撮る。
    • #4以降は、お礼にコサキンがモノマネを披露する。
  • THE 検証(#12 - #13)
    • 「有名人が女性とお忍びで通うカラオケBOXがあるらしい」とほぼ同内容(#12のみグラビアアイドルは出演しない)だが、関根がモノマネする人物の、小堺のツッコミにも動じない集中力をレポートする趣旨となる。
    • 関根は#12「プロ歌手〜その集中力〜」は郷ひろみ、#13「名優〜その集中力〜」は藤岡弘、に扮する。

最後に「パッフォーン」[5]と叫んで終わる。

その他[編集]

  • #10では、ときめき宣伝部が収録見学に乱入し、スタジオを出たコサキンとトークを行った。
  • #14では番組初のゲストとして古坂大魔王が登場した[3]

スタッフ[編集]

  • チーフプロデューサー:森慶太(MONDO TV)
  • 構成:舘川範雄[6]
  • ブレーン:鶴間政行[6]
  • カメラ:石川泰之
  • 音声:吉田匠、中野輔久
  • 編集:村上朗仁、森泉洋平
  • MA:駒井仁
  • 音響効果:武田拓也
  • デザイン:長堀久子
  • 美術:小越敏彦、政所美咲
  • メイク:邑山智子
  • 音源提供:JOYSOUND
  • アシスタントディレクター:奥村恵子
  • アシスタントプロデューサー:蛯名那津子[6]
  • ディレクター:小柴享之、山下敦司[6]
  • 演出:小柴享之
  • プロデューサー:上島大右(MONDO TV)、及川俊明、五味喬
  • 制作協力:Oi Corporation[6]浅井企画
  • 制作著作:ターナージャパン、MONDO TV

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 番組のロゴでは『コサキンのラジオごっこ!!』と書かれているが、それ以外の表記はすべて感嘆符が書かれていない。
  2. ^ 小堺&関根のひどいトークを聞いてきた。新番組「コサキンのラジオごっこ」記者会見”. エキレビ! (2016年8月23日). 2017年5月15日閲覧。
  3. ^ a b 古坂大魔王、コサキンとの共演に感激「千年後でも笑ってます」”. お笑いナタリー (2017年6月16日). 2017年6月18日閲覧。
  4. ^ kosakin_radioの2018年1月31日18時59分のツイート- Twitter
  5. ^ ラジオ時代からエンディングに使われているフレーズ。特に意味はない。
  6. ^ a b c d e 『コサキンDEラ゛ジオ゛!』でも担当。

外部リンク[編集]