音羽ゆりかご会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

音羽ゆりかご会(おとわゆりかごかい、1933年 - )は、日本の児童合唱団

略歴[編集]

東京都文京区音羽[1]護国寺にて、童謡作家の海沼實が創設。レコード収録に際しては日本蓄音器(後の日本コロムビア)で日蓄兒童合唱團(日蓄児童合唱団)の別称を用いたり、戦時下では音羽少国民合唱団の呼称で活躍した時期もある。

終戦直後には日本放送協会の嘱託として東京放送児童合唱団の別称でも活動し、3年半にわたって放送されたラジオドラマ『鐘の鳴る丘』の主題歌「とんがり帽子」などを担当。戦後の童謡ブームにおいて中心的な役割を果たし、川田三姉妹(正子孝子美智子)らの童謡歌手を輩出した。

戦後期の子ども向けレコードやアニメーション番組のテーマソング(アニメソング)、文部省唱歌の収録においてはコロムビアゆりかご会[2]0108などの別称を用いるなど、日本で最も多くの呼称を持つ児童合唱団としても知られている。

ウィーン少年合唱団の来日以来、国内の合唱団の多くが頭声発声に切り替え、常任指揮者を持つようになる等の影響を受けた中、現在でも指揮者を用いない演奏方法で、民族音楽の伝承を実践しており、1990年にはニューヨークカーネギー・ホールで日本の児童合唱団としては初めての単独公演を実施。

1991年12月31日、第42回NHK紅白歌合戦KAN愛は勝つで共演。

現在の会長は、創設者の孫にあたる三代目海沼実で、東京都品川区戸越に本部拠点を置き、東京都文京区東京都目黒区などにも教室を展開している。新作歌曲等のCD化やTV、ラジオ出演などの傍ら、国際的な児童音楽祭にアジア地区を代表して参加するなど、日本の童謡を世界に広めるべく取り組んでいる。

歌(「コロムビアゆりかご会」名義を含む)[編集]

アニメの主題歌

特撮ヒーローものの主題歌

歌謡曲
  • 涙の谷間に太陽を 島倉千代子/コロムビアゆりかご会
童謡

他 

ゆりかご会の出身者[編集]

音羽ゆりかごから墓場まで会[編集]

スーパーロボット魂関連のCDに、ライブ音源として「ミズキング & 音羽ゆりかごから墓場まで会」が歌手クレジットされている曲がある(「トライダーG7のテーマ」「哀戦士」)。ミズキングは水木一郎だが、音羽ゆりかごから墓場まで会は音羽ゆりかご会と無関係である。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 厳密には護国寺門前の一帯が音羽で、寺自体は大塚である。
  2. ^ 同一音源であっても、日本コロムビアから発売される場合は「コロムビアゆりかご会」、他社から発売される場合は「音羽ゆりかご会」表記になる(『スーパーロボット レッドバロン』の挿入歌、『宇宙怪人ゴースト』の主題歌など)。

外部リンク[編集]