三雲岳斗

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
三雲 岳斗
(みくも がくと)
ペンネーム 三雲 岳斗
(みくも がくと)
誕生 (1970-08-31) 1970年8月31日(48歳)
日本の旗 日本大分県
職業 小説家
言語 日本語
国籍 日本の旗 日本
教育 学士
最終学歴 上智大学外国語学部英語学科卒業
活動期間 1998年 -
ジャンル ライトノベル
ミステリ
サイエンス・フィクション
ファンタジー
代表作コールド・ゲヘナ』シリーズ
レベリオン』シリーズ
アスラクライン』シリーズ
ランブルフィッシュ』シリーズ
ダンタリアンの書架』シリーズ
ストライク・ザ・ブラッド
主な受賞歴

『コールド・ゲヘナ』

M.G.H.

アース・リバース

デビュー作 『コールド・ゲヘナ』
公式サイト ミクモノグラフィカ
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

三雲 岳斗(みくも がくと、1970年8月31日[1] - )は、日本小説家である。大分県出身。

経歴[編集]

大学卒業後の数年間、バイクの輸入商社に勤務していたが、電車に乗っていたときに急に作家になろうと思いたち、退職した[2]

1998年、『コールド・ゲヘナ』で第5回電撃ゲーム小説大賞(現・電撃小説大賞)銀賞を受賞し、デビュー。1999年、『M.G.H.』で第1回日本SF新人賞、『アース・リバース』で第5回スニーカー大賞特別賞を受賞。

現在、日本SF作家クラブ日本推理作家協会本格ミステリ作家クラブの会員。

人物[編集]

有沢まみず築地俊彦古橋秀之有川浩らと交流がある[3]。特に古橋秀之はストライク・ザ・ブラッドに「第四真祖」という用語を提供するなど、いくつかのシリーズの設定に関わっている[4]

アスラクライン』、『 ストライク・ザ・ブラッド』、『ダンタリアンの書架』の3作品シリーズはメディアミックス展開が行われ、アニメ化された。また、ライトノベル以外のSFやミステリも執筆しており、短編「二つの鍵」は日本推理作家協会賞短編部門の候補となるなど、本格ミステリとして高く評価された[5]

作品リスト[編集]

電撃文庫[編集]

角川スニーカー文庫[編集]

徳間デュアル文庫[編集]

  • M.G.H. 楽園の鏡像(2000年6月、単巻)
  • 海底密室(イラスト:大本海図、2000年9月、単巻)
  • ワイヤレスハートチャイルド(イラスト:あいす・くりーむ、2001年11月)

双葉社[編集]

  • 聖遺の天使(双葉文庫、2003年10月)
  • カーマロカ 将門異聞(2008年5月)
  • 密偵手嶋眞十郎 幻視ロマネスク(2017年3月)

小学館[編集]

講談社[編集]

光文社[編集]

  • 旧宮殿にて 15世紀末、ミラノ、レオナルドの愉悦
  • 少女ノイズ
    • 単行本:光文社ソフトカバー、2007年12月
    • 文庫版:光文社文庫、2010年4月

早川書房[編集]

  • 忘られのリメメント(『S-Fマガジン』連載後に単行本化、2018年8月)

その他[編集]

シナリオ作品[編集]

エッセイ作品[編集]

雑誌掲載作品[編集]

  • 「DEAR SONG」 - 『SF Japan』2001 Spring(徳間書店)
  • 「終末のガレキ」 - 『SF Japan』2006 Autumn(徳間書店)
  • 「結婚前夜」 - 『SF Japan』2011 Spring(徳間書店)→ 『年刊日本SF傑作選 拡張幻想』(東京創元社、2012年6月)再録
  • 「Island」 - 『人工知能 : 人工知能学会誌』2016年7月号

出典[編集]

  1. ^ 日本推理作家協会会員名簿”. PICTURES. 2011年8月10日閲覧。
  2. ^ 「想像力の使い途(みち)」『未来力養成教室』日本SF作家クラブ/編、岩波ジュニア新書、2013年7月
  3. ^ ストライク・ザ・ブラッド』1巻、『アスラクライン』1巻、『ダンタリアンの書架』1巻、『少女ノイズ』のそれぞれのあとがき
  4. ^ ストライク・ザ・ブラッド』1巻「あとがき」。
  5. ^ 会員名簿 三雲岳斗(日本推理作家協会、2016年3月8日閲覧)。

外部リンク[編集]