巽孝之

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

巽 孝之(たつみ たかゆき、1955年5月15日 - )は、日本アメリカ文学研究者。慶應義塾大学教授SF評論家でもある。

日本英文学会理事、日本アメリカ文学会東京支部長、アメリカ学会年報編集委員長、The Journal of Transnational American Studies編集委員。日本ペンクラブ日本SF作家クラブ、MLA会員。A型

来歴[編集]

上智大学英文科教授巽豊彦の息子として東京都に生まれる。父同様に敬虔なカトリック信徒として育つ。祖父の巽孝之丞横浜正金銀行ロンドン支店長で、南方熊楠と交流があった。孝之丞の実弟の中村啓次郎衆議院議員で、第22代の帝国議会衆議院議長を務めた。

学習院中等科時代からSF同人誌宇宙塵』に参加し、熱心なSFファンとして活動。学習院の2年先輩に、やはりSFファンで、のちのSF作家、ミュージシャンの難波弘之がいて、影響を受ける。また、1970年には自らが主催するSF同人誌『科学魔界』を創刊。

学習院高等科を経て上智大学文学部英文学科卒業。1983年大学院博士課程を単位取得満期退学。1982年慶應義塾大学法学部英語助手に着任。1984年フルブライト奨学生として渡米し、コーネル大学大学院にてジョナサン・カラーに師事。1987年8月同大学院博士課程修了(Ph.D.)。帰国後1989年に慶應義塾大学文学部へ助教授として移籍し、1998年より教授。米国文学および現代批評理論専攻。

単著デビュー作『サイバーパンク・アメリカ』では、アメリカ留学中に出逢ったサイバーパンクの文学者たちを読み解き、以後、サンディエゴ大学教授ラリイ・マキャフリイと日米文学共同研究を開始。また、脱構築新歴史主義の方法論により植民地時代以来のアメリカ文学史に新たな視点を与えた代表作『ニュー・アメリカニズム——米文学思想史の物語学』がある。SF評論家の小谷真理は妻。

同姓同名の九州朝日放送のアナウンサーである巽孝之とは、2004年夏に対面した。

人物[編集]

  • 母親の介護生活の間、妻の小谷真理に「自分のことは自分でやり、私の足を引っ張らない。私のことを褒めよ」と言い渡され[1]、小谷の顔を見るたびに「君は素敵だ」、「君は最高だ」と言って労をねぎらった[2]

職歴[編集]

  • 1982年 慶應義塾大学法学部助手
  • 1985年 慶應義塾大学法学部専任講師
  • 1989年 慶應義塾大学文学部英米文学専攻助教授
  • 1998年 慶應義塾大学文学部英米文学専攻教授

著書[編集]

単著[編集]

  • 『サイバーパンク・アメリカ』(勁草書房、1988年)
  • 『現代SFのレトリック』(岩波書店、1992年)
  • 『メタフィクションの謀略』(筑摩書房〈ちくまライブラリー〉、1993年)
  • 『ジャパノイド宣言――現代日本SFを読むために』(早川書房、1993年)
  • 『E・A・ポウを読む』(岩波書店、1995年)
  • 『ニュー・アメリカニズム――米文学思想史の物語学』(青土社、1995年、増補新版 2005年)
  • 『ニューヨークの世紀末』(筑摩書房、1996年)
  • 『恐竜のアメリカ』(ちくま新書、1997年)
  • 『日本変流文学』(新潮社、1998年)
  • 『メタファーはなぜ殺される――現在批評講義』(松柏社、2000年)
  • アメリカ文学史のキーワード』(講談社現代新書、2000年)
  • 『「2001年宇宙の旅」講義』(平凡社新書、2001年)
  • 『アメリカン・ソドム』(研究社出版、2001年)
  • 『リンカーンの世紀―アメリカ大統領たちの文学思想史』(青土社、2002年、増補新版 2013年)
  • 『プログレッシヴ・ロックの哲学』(平凡社、2002年)
  • 『アメリカ文学史―駆動する物語の時空間』(慶應義塾大学出版会、2003年)
  • 『「白鯨」―アメリカン・スタディーズ』(みすず書房〈理想の教室〉、2005年)
  • 『想い出のブックカフェ―巽孝之書評集成』(研究社、2009年)
  • 『モダニズムの惑星』(岩波書店、2013年10月)

英文著作[編集]

  • Full Metal Apache: Transactions between Cyberpunk Japan and Avant-Pop America (Durham: Duke University Press, 2006)
  • (Christopher Bolton, Istvan Csicsery-Ronay, Jr.)Robot Ghosts and Wired Dreams: Japanese Science Fiction from Origins to Anime (Minneapolis: U of Minnesota P, 2007)、編著

共著[編集]

編著[編集]

  • 『この不思議な地球で――世紀末SF傑作選』(紀伊國屋書店、1996年)
  • 『ウィリアム・ギブスン』(彩流社、1997年)
  • 『日本SF論争史』(勁草書房、2000年)
  • 『情の技法』(慶應義塾大学出版会、2006年)
  • 『反知性の帝国 アメリカ・文学・精神史』 (南雲堂 2008年)

共編著[編集]

訳書[編集]

  • ダナ・ハラウェイ 『サイボーグ・フェミニズム』(リブロポート、 1991年/増補版 水声社、2001年)
  • ラリイ・マキャフリイ 『アヴァン・ポップ』(筑摩書房、1995年/増補版 北星堂書店、2007年)

注釈・解説[編集]

  • 『アシモフが語るアイディアの世界』(成美堂、1993年)
  • 『アメリカ!幻想と現実』(八木敏雄編、研究社、2001年)
  • 幻想文学45.アメリカ幻想文学必携』(アトリエOCTA、2003年)
    • 「黙示と幻視の10篇」
  • グレゴリー・クレイズ『ユートピアの歴史』(監訳、小畑拓也訳、東洋書林、2013年)

受賞[編集]

  • SFファンジン大賞・評論部門(「SF批評方法論序説」)、1982年
  • 柴野拓美賞(SFファン活動における功績)、1984年
  • 第7回日本英文学会新人賞(論文「作品主権をめぐる暴力——Narrative of Arthur Gordon Pym小論」)、1984年
  • 1988年度日米友好基金アメリカ研究図書賞文学部門受賞(『サイバーパンク・アメリカ』)、1988年
  • 第2回日本翻訳大賞思想部門賞(『サイボーグ・フェミニズム』)、1991年
  • 第5回SFRAパイオニア賞(“Towards the Theoretical Frontiers of Fiction-From Metafiction and Cyberpunk through Avant-Pop"ラリイ・マキャフリイと共同執筆)、1993年
  • 平成8年度慶應義塾大学福澤賞(『ニュー・アメリカニズム』)、1996年
  • 第21回日本SF大賞(『日本SF論争史』)、2001年

社会的活動等[編集]

  • 1991年 米国学術誌MELUS査読委員
  • 1992年 米国学術誌Science-Fiction Studies編集顧問( - 現在)
  • 1993年 日本アメリカ文学会正会誌編集委員( - 現在)
  • 1994年 米国学術誌PARA*DOXA編集顧問( - 現在)
  • 1994年 フルブライト審査員
  • 1995年 日本英文学会編集委員(以後2期)
  • 1995年 日本ペンクラブJLT編集委員( - 現在)
  • 1995年 三田文学新人賞選考委員(以後10年)
  • 1996年 日本学術振興会審査員(以後2年)
  • 1997年 読売新聞読書委員(以後2年)
  • 2000年 アメリカ学会正会誌編集委員( - 現在)
  • 2000年 日本マーク・トウェイン協会編集委員( - 現在)
  • 2003年 アメリカ研究振興会審査員( - 現在)
  • 2005年 日本アメリカ文学会東京支部長(以後2期)
  • 2005年 朝日新聞書評委員(以後3年)
  • 2006年 日本SF評論賞選考委員(以後3年)
  • 2008年 The Journal of Transnational American Studies編集委員

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ ネットに「嫁」の心 吐露 (2010年12月13日 読売新聞)
  2. ^ 介護は「する人」も「される人」も大変 TOKYO人権 第54号(平成24年6月29日発行)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]