平石貴樹

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

平石 貴樹(ひらいし たかき、1948年10月28日 - )は、日本のアメリカ文学者・小説家東京大学名誉教授。元日本アメリカ文学会会長。北海道函館市生まれ。

略歴[編集]

  • 北海道函館で小学校入学まで過ごす。その後は東京で育つ。
  • 1971年6月 東京大学文学部卒業(英語英米文学専修課程)
  • 1974年3月 東京大学大学院人文科学研究科英語英文学専門課程修士課程修了
  • 1979年4月 工学院大学専任講師
  • 1981年4月 武蔵大学人文学部助教授
  • 1983年4月 東京大学教養学部助教授
  • 1986年4月 東京大学文学部助教授
  • 1994年6月 東京大学文学部教授
  • 1995年4月 東京大学大学院人文社会系研究科教授
  • 2013年 同定年退任、名誉教授 

活動[編集]

専攻はフォークナーだが、1983年、「虹のカマクーラ」ですばる文学賞受賞、小説家としても活動し、最初の著作『笑ってジグソー、殺してパズル』以来、主に推理小説を発表している。

著作[編集]

小説[編集]

更科ニッキシリーズ[編集]

  • 笑ってジグソー、殺してパズル(1984年8月 集英社 / 2002年5月 創元推理文庫
  • だれもがポオを愛していた(1985年11月 集英社 / 1997年8月 創元推理文庫)
  • スラム・ダンク・マーダー その他(1997年2月 創元クライム・クラブ
    • 収録作品:だれの指紋か知ってるもん / スラム・ダンク・マーダー / 木更津のむかしは知らず / エピローグ

山崎千鶴シリーズ[編集]

  • サロメの夢は血の夢(2002年4月 南雲堂
  • スノーバウンド@札幌連続殺人(2006年11月 南雲堂)

松谷警部シリーズ[編集]

  • 松谷警部と目黒の雨(2013年9月 創元推理文庫) 
  • 松谷警部と三鷹の石(2014年7月 創元推理文庫)
  • 松谷警部と三ノ輪の鏡(2015年6月 創元推理文庫)

その他の作品[編集]

  • 虹のカマクーラ(1984年4月 集英社)
  • フィリップ・マーロウよりも孤独(1986年3月 講談社

研究書[編集]

  • ジャパンラッグエッジインサイイツー(1986年12月 金星堂)
  • メランコリックデザイン-フォークナー初期作品の構想(1993年4月 南雲堂)
  • 小説における作者のふるまい-フォークナー的方法の研究(2003年5月 松柏社
  • しみじみ読むアメリカ文学(2007年6月 松柏社)
  • アメリカ文学史(2010年11月 松柏社) 

翻訳書[編集]

  • ロア・シーガル『おうちにかえろう』(1996年3月 冨山房
  • ビル・ジマーマン『ワン!ダフル ペットが語るやさしい生き方ヒント』(1996年11月 冨山房)
  • ジョージ・ヒューズ『ハーンの轍の中で』(玉井暲共訳 2002年10月 研究社
  • フォークナー『響きと怒り』(新納卓也共訳 2007年1月 岩波文庫 上、下)
  • オーエン・ウィスター『ヴァージニアン』(2007年7月 松柏社)

参考[編集]