巽孝之丞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

巽 孝之丞(たつみ こうのじょう、元治元年12月29日1865年1月26日) - 昭和6年(1931年6月11日)は、紀州藩士、財政家横浜正金銀行ロンドン支店支配人、日仏銀行創立委員・取締役中村啓次郎の実兄。小泉信三の祖父小泉文庫はいとこにあたる[1]。息子に英文学者の巽豊彦、孫に米文学者でSF評論家の巽孝之がいる。

経歴[編集]

紀州藩士・吉川流砲術師範役であった吉川定之進の長男。幼名は豊吉。紀伊国那賀郡山崎村中野黒木十八番地に生まれる。

巽家を相続し、藩費留学生となり上京し慶應義塾に入学。同門に親戚の小泉信吉など。卒業後に小泉信吉の口利きで[2]横浜正金銀行に入行。以来、取締役、常務となるまで30年間を英国ロンドンに赴任。そのため、日本ではほとんど知られていないが、ロンドン財界で当時、巽と言えば銀行家の神様と言われる程の尊敬を受けた。在英時代には、小泉信吉の長男小泉信三らのパトロンになった[2]

徳川頼倫の欧州漫遊に随行。井上準之助高橋是清といった日本の財政家からの信頼が厚く、日露戦争後に高橋是清が公債を募りに行った折りに、打ち合わせて香港上海銀行を引き入れ、日本外債引き受けの協議会を作るなど、ロンドンでお膳立をした。当時の日本は債務国であり、外国からの借款をいかに返済するかが、国家財政の要となっていたが、国際経済会議への長年の参加により、欧米の経済界にきめ細かく太いパイプを持っていたため、パリ講和会議若槻礼次郎水町袈裟六森賢吾深井英五津島寿一と共に日本全権委員随員となる。

1912年8月3日に日仏銀行が創立されるにあたり、日本側の資本が興銀三井銀行三菱銀行第一銀行横浜正金銀行の聞で分配されると、正金の代表として日本側取締役5名の内の一人となる。

また、南方熊楠との交友も知られている。

栄典[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 村上紀史郎『音楽の殿様 徳川頼貞』p.72(藤原書店、2012年)
  2. ^ a b 『三田文學』 第 87 巻、第 92~95 号 - p87
  3. ^ 『官報』第7337号「叙任及辞令」1907年12月11日。
  4. ^ 『官報』第8454号「叙任及辞令」1911年8月25日。
  5. ^ 『官報』第2431号「授爵・叙任及辞令」1920年9月8日。

参考文献[編集]