アメリカ学会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

アメリカ学会 (アメリカがっかい、The Japanese Association for American Studies) は、アメリカ合衆国に関する学術的研究を行うことを目的とする学会である(アメリカ学会規約第2条)[1]。 現会長は東京大学教授の久保文明(任2016年 - 2018年)[2]

概要[編集]

東京大学法学部教授の高木八尺慶應義塾大学法学部教授の藤原守胤らが設立[3]した、旧「アメリカ学会」[4]を前身とする。会長は、1966年に同学会が改組されるまで高木が一貫して務めた[5]

1966年1月、現在のアメリカ学会が設立された[6]。2000年4月現在の会員数は1146人[7]

事務局は東京大学大学院総合文化研究科附属アメリカ太平洋地域研究センター内にある[6][8]

会員[編集]

アメリカ学会の会員には、会の目的に賛同し事業に協力する個人または団体がなることができる。会員は、普通会員、維持会員および名誉会員の3種に分類される(規約第4条)[1]

普通会員となるためには、大学院修士課程修了ないしそれと同等以上の資格ないし研究歴・研究実績をもつことを要し(内規I.(1))[1]、会員2名の推薦と理事会の承認を得なければならない(規約第5条)[1]。会費は年額8000円。ただし、大学院生会員の場合は年額6000円(規約第5条)[1]。維持会費年額1口(3万円)以上を納める会員は維持会員の、一時に10口以上を寄付する会員は終身維持会員の資格を得る(規約第6条)[1]。本学会の事業遂行に顕著な貢献ありとして理事会に推挙された者は、名誉会員となる。名誉会員は会費の納入を免除される(規約第7条)[1]。年会費を3年間滞納すると退会処分となる(内規I.(3))[1]

役員[編集]

規約に定められた役員の種別と人数は、会長1名、副会長2名、常務理事9-12名、理事35-40名、監事3名、評議員30-50名である。任期は2年で重任を妨げないが、常務理事の場合は連続3期まで(規約第8条)[1]。会長・副会長および常務理事は、理事の互選で決定する。理事は35名を会員の選挙により選出し、5名以内を地域や専攻分野等を考慮して会長の推薦により理事会で決定する。評議員は理事会の推薦により会員の中から会長が指名委嘱する。監事は会員の選挙により選出する(規約第9条)[1]

歴代会長[編集]

アメリカ学会の歴代会長は以下の通り[5]

年次大会[編集]

年次大会は、毎年6月上旬の2日間開催される。会場校は、東京地域とその他の地域とから交互に選ばれるのが慣例[6]。本学会の最高議決機関たる総会は、会長の召集により毎年1回開催することが定められており(規約第14条)[1]、通常年次大会の際に開催される[6]。会長は総会で毎年度の事業報告をしなければならない(規約第15条)[1]

学会刊行物[編集]

アメリカ学会の刊行物は以下の通り[9]

  • 『アメリカ研究』 (The American Review):1967年創刊[10]
  • The Japanese Journal of American Studies:1981年11月創刊[11]
  • 『アメリカ学会会報』 (The American Studies Newsletter)

清水博賞[編集]

清水博賞」は、本学会元会長の清水博とその妻からの寄付金を基金として、1996年に設置された賞である。対象は、若手会員による研究書のうち、初の単著として刊行されたもの。賞金5万円[12]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k l 「アメリカ学会規約・内規」
  2. ^ 「2016年度役員・委員一覧」
  3. ^ 設立時期は、「アメリカ学会概要」(アメリカ学会ホームページ日本語版内)によれば、1946年。"History"(アメリカ学会ホームページ英語版内)によれば、1947年9月27日。斎藤真「藤原先生とアメリカ研究」(慶應義塾大学ホームページ内)によれば、1947年3月。
  4. ^ 「設立の経緯」
  5. ^ a b "Past Presidents"
  6. ^ a b c d 「アメリカ学会概要」
  7. ^ "Outline"
  8. ^ 「アメリカ学会事務局」
  9. ^ 「学会刊行物」
  10. ^ 『アメリカ研究』
  11. ^ The Japanese Journal of American Studies
  12. ^ 「アメリカ学会清水博賞について」

外部リンク[編集]