能登路雅子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

能登路 雅子(のとじ まさこ、1949年2月12日 - )は、日本の歴史学者アメリカ文化史学者、東京大学総合文化研究科名誉教授、元同アメリカ研究資料センター所長。

経歴[編集]

青森県弘前市生まれ。1972年、東京大学教養学部教養学科卒業。

1973年までマッキャンエリクソン博報堂勤務。1978年から1982年までカリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)大学院在学(Master of Art: Asian American Studies)。1980年から1983年まで、ウォルト・ディズニー・プロダクション(現:ウォルト・ディズニー・カンパニー)およびオリエンタルランド嘱託として、東京ディズニーランド・プロジェクトに参加。

1986年武蔵大学助教授。1992年東京大学教養学部助教授、のち教授。2013年定年退任。

著書[編集]

単著
  • 『ディズニーランドという聖地』岩波新書、1990年)
共編著
訳書
  • ロバート・ケリー『アメリカ政治文化史--建国よりの一世紀』(木鐸社、1987年)
  • ボブ・トマス『ウォルト・ディズニー』(講談社、1995年)
  • リンダ・K・カーバー, ジェーン・シェロン・ドゥハート編『ウィメンズアメリカ』(ドメス出版、2000年)

参考[編集]