有賀夏紀

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

有賀 夏紀(あるが なつき、女性、1944年7月15日[1] - )は、日本の歴史学者埼玉大学名誉教授、元アメリカ学会会長。専門はアメリカ社会史、現代史。東京都出身。

AERA』2004年2月2日号の「先生で選ぶ良い大学」メディア発信度の高い文系教員50人リストに掲載された。

略歴[編集]

学歴[編集]

学位[編集]

  • 歴史学Ph.D.(スタンフォード大学)
  • 歴史学MA(カリフォルニア大学バークレー校)
  • 国際教養学修士(東京大学)

職歴[編集]

  • 1978年 東京大学教養学部助手
  • 1980年 埼玉大学教養学部講師
  • 1982年 埼玉大学教養学部助教授
  • 1986年 埼玉大学教養学部教授
  • 2000年 大正大学客員教授
  • 2010年 埼玉大学を定年退職、同大学名誉教授

受賞歴[編集]

  • 第8回山川菊栄賞 (1988年) (『アメリカ――フェミニズムの社会史』(勁草書房)により)
  • 日米友好基金賞 (1989年)
  • 2015年度アメリカ歴史学会外国人名誉会員(2016)

著書[編集]

単著[編集]

共著[編集]

共編著[編集]

訳書[編集]

  • ウィリアム・L・ニューマン『アメリカと日本――ペリーからマッカーサーまで』(研究社出版, 1986年)
  • リンダ・K・カーバー, ジェーン・シェロン・ドゥハート編『ウィメンズアメリカ』(ドメス出版, 2000年)

論文[編集]

  • ジョン・ウェインが死んでもアメリカ文明は衰退しない――アメリカ文明衰退論の意味」『比較文明』18 2002年
  • 「『タイガー・ウッズの縞模様』に至るまで――アメリカ研究の変遷」五十嵐武士・油井大三郎編『アメリカ研究入門』(東京大学出版会 2003年)
  • 「北カリフォルニアのある家族の食卓」 『VESTA』49 2003年
  • 「文化戦争のなかの9月11日」猿谷要編『アメリカよ!』(弘文堂 2003年)
  • 「『ナンバーワンにならなくても良い』?――進歩の思想を考える」 『anjali』第7号 2004年
  • 「反消費の消費文化―1960年代」常松洋・松本悠子編『消費とアメリカ社会』第6章

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『読売年鑑 2016年版』(読売新聞東京本社、2016年)p.296