宇沢美子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

宇沢 美子(うざわ よしこ、1958年 - )は、日本英米文学者慶應義塾大学文学部教授。

略歴[編集]

1981年慶應義塾大学文学部英文科卒、1987年同大学院文学研究科英米文学専攻博士課程単位取得退学。 1990年旧・東京都立大学助教授、2005年慶応大教授[1]。 2008年「ハシムラ東郷 イエローフェイスのアメリカ異人伝」で慶大より博士(文学)。2009年『ハシムラ東郷』でヨゼフ・ロゲンドルフ賞受賞。

著書[編集]

  • 『女がうつる ヒステリー仕掛けの文学論』富島美子 勁草書房、1993
  • 『ハシムラ東郷 イエローフェイスのアメリカ異人伝』宇沢美子 東京大学出版会、2008

翻訳[編集]

  • ジェニファー・A.ウィキー『広告する小説』富島美子訳 国書刊行会 異貌の19世紀、1996
  • フランソワーズ・メルツァー『サロメと踊るエクリチュール 文学におけるミメーシスの肖像』富島美子訳 ありな書房、1996
  • ジョン・エルスナー、ロジャー・カーディナル編著『蒐集』高山宏、富島美子、浜口稔研究社出版、1998
  • ルドミラ・ジョーダノヴァ『セクシュアル・ヴィジョン 近代医科学におけるジェンダー図像学』宇沢美子訳 白水社、2001

出典[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 宇沢 美子 - 慶應義塾大学研究者情報総覧