童夢 (漫画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

童夢』(どうむ)は、大友克洋作の漫画。「アクションデラックス」(双葉社)などに1980年から1981年にかけて4回に分けて発表された。1983年8月18日単行本発行。第4回日本SF大賞受賞。

非常に緻密な描き込みが特徴。単行本化の際に大幅な加筆がなされている。

あらすじ[編集]

とあるマンモス団地内で変死事件が連続して発生。警察が捜査を進めるも手がかりは一向に掴めず、担当の刑事部長までが不可解な死を遂げてしまう。そんな中、一家で団地に引っ越してきたばかりの特殊な能力を持つ少女「悦子(エッちゃん)」は、団地内に住む老人「チョウさん」が超能力を悪用して殺人を行っていることに気付く。少女と老人、超能力者2人の対決はやがて団地全体を巻き込む惨事へと発展していくのだった。

登場人物[編集]

悦子
通称エッちゃん。一家で団地に引っ越して来たばかりの小学生の女の子。超能力を持っており「チョウさん」の正体をいち早く見抜く。人見知りをしない性格で、同級生から孤立していた吉川とも仲良くなった。
内田 長二郎
通称チョウさん。一連の連続変死事件の犯人。超能力で次々と団地の住人を殺害しているが、本人は遊び程度にしか考えていない。団地の住民や警察官達は、軽度の認知症を患っている老人ぐらいにしか見ていない。
吉川ひろし
悦子の隣の部屋に住んでいる小学生の男の子。父親がアルコール依存症であるため団地の同級生から孤立しており、友達はヨっちゃんしかいない。
藤山 良夫
通称ヨッちゃん。屈強な体躯の男性であるが、作中で団地の住民が「体は大人だが、頭の中は子供」と言っているとおり、普段は団地内の子供達と遊んでいることもある。
高山
長髪の刑事。不可解な出来事に何度も直面しながら事件の渦中にのめり込んでいく。非科学的なものに対して一応耳を傾けてみる柔軟な一面も。
山川刑事部長
高山の上司。現場に良く出ており、その甲斐あって事件の真相にあと一歩のところまで迫るが、チョウさんに殺害される。
岡村刑事部長
山川刑事部長の殉職後を引き継ぐ形で着任。山川部長とは同期だった。
佐々木 勉
三浪の浪人生。近所から陰口を叩かれながらも、本人は真面目に勉強する気はあまりない。航空機のプラモデルが趣味
手塚さんの奥さん
流産で子供なくしたという噂があるノイローゼ気味の主婦。
金子教授
イタコの研究などをしている大学教授。捜査に行き詰まった高山刑事に霊媒師を紹介する。
野々村典子
捜査に協力することになった霊媒師。高山に連れられて団地に赴くが、悦子とチョウさんの力に恐怖して「子供に気をつけろ」という警告を高山に伝える。

単行本[編集]