岬兄悟

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

岬 兄悟(みさき けいご、1954年12月30日 - )は日本SF作家東京都出身。國學院大學法学部卒業。妻はSF作家大原まり子

ペンネームは、感銘を受けた小松左京の短編小説『岬にて』に由来する。

来歴[編集]

『SFマガジン』で豊田有恒が行っていた「リーダーズ・ストーリー」の常連となる。

1979年、SFマガジン3月号掲載の短編「頭上の脅威」でデビュー。豊田有恒が主宰の創作集団「パラレル・クリエーション」に参加。

初期はアイディアSFを書いていたが、1985年の『魔女でもステディ』に始まる「ラヴ・ペア・シリーズ」が、同世代感覚のコミカルなSFコメディとして、火浦功らと共に、ライト感覚のSF作家として若い読者に人気を得る。このうち『魔女でもステディ』は1986年にはOVA化されている(原作小説イラスト・OVAキャラクターデザインをとり・みきが担当)。

『魔女でもステディ』を執筆していた頃は、妻の大原まり子やとり・みきらと「フラットヒップス」というバンド名でバンド活動をしていたこともある。

SF冬の時代」真っ盛りの1996年に、大原との共同編集でのオリジナル・アンソロジー『SFバカ本』シリーズを刊行開始。2000年版では表紙のCGアートも担当した。だが、近年は、そのシリーズの収録短編以外に作品はほとんど発表していない。

代表的著作[編集]

  • 『瞑想者の肖像』早川書房 文庫
  • 『魔女でもステディ』早川書房 文庫 - 1986年にOVA化
  • 『女神にグッバイ』早川書房 文庫
  • 『大魔王にアタック』早川書房 文庫
  • 『地底ドドンパ男』早川書房 文庫 

アンソロジー(編纂)[編集]

アンソロジー(収録)[編集]

外部リンク[編集]