雨隠ギド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
雨隠 ギド
職業 漫画家
活動期間 2007年 -
ジャンル ファンタジーボーイズラブ百合
代表作甘々と稲妻
テンプレートを表示

雨隠 ギド(あまがくれ ギド)は、日本漫画家

3年ほど幼稚園に勤務後、『ウィングス』(新書館)2007年8月号に掲載された『ファンタズム』でデビュー[1][2]。代表作は『甘々と稲妻』。ペンネームは、好きな小説の登場人物をもじったものに由来[3]

人物[編集]

料理はあまり上手ではない[4]

好きな作品など[編集]

童話や寓話、児童小説が好き[5]。好きなボーイズラブ作家として、扇ゆずは、渡海奈穂、門地かおりを挙げている[5]

最初に自分で買った漫画は『ドラえもん』で、映画もよく見たという[1]。『ドラえもん のび太の宇宙小戦争』や『怪物くん』など、藤子不二雄作品の食事シーンが好き[1]

弟の影響で『週刊少年ジャンプ』『近代麻雀』『漫画ゴラク』を読んでいた[1]。ホラー系も好んでいる[1]

好きな漫画としてTONOの『カルバニア物語』を挙げている[1]。注目している作家は、庄司創だという[1]

漫画について[編集]

作画作業はフルアナログで行っている[6]。描きたいシーンやセリフからストーリーを作っていくことが多いが、『甘々と稲妻』はキャラが先に作られた[7]。顔を描くことが好きで、表情が生きるように、意識して描いているという[7]。漫画を描く上で栄養分にしていること(頑張ろうと思えること)は、ご飯を食べることと、音楽や映画などの漫画とは別の媒体を見て、ポジティブな意味で打ちのめされること[6]

こういう作品が描きたいと最初に思ったのは森博嗣S&Mシリーズ[1]

学生時代から漫画家になるまで[編集]

小学生時代は『りぼん』や『なかよし』を読んで育った[1]。小学校の卒業文集で将来の夢はイラストレーターと書いたが、漫画家になりたいと思っていた[1]。ストーリー漫画を描き始めたのは中学生の時で、友人に原作を書いて貰い、『ああっ女神さまっ』のような内容のものを描いていた[1]。高校時代は漫画から離れ、その後進学し、念願だった幼稚園の先生に就職[1]。働き出してから「マンガ描きたい」という気持ちが膨らみ、同人誌を描いていたが、プロデビューしていた友人に編集者を紹介して貰い、新書館からデビューした[1]

作品[編集]

新書館
  • ファンタズム(『ウィングス』2007年8月号[8]・2008年4月号[9] - 2008年7月号[10]) - デビュー作。
    • 「ファンタズム」ドラマCDアフレコレポート(『ウィングス』2009年7月号[11]
  • 夕暮れを少しわけてあげる(『ウィングス』2007年11月号[12]
  • 扉マンガ(『ディアプラス』2007年11月号[13]、12月号[14]
  • まぼろしにふれてよ(『ウィングス』2009年2月号[15] - 2012年10月号[16]) - 不定期連載。
  • うぃんぐす絵日記今日のごはん(『ウィングス』2009年3月号[17]
  • 恋まで百輪シリーズ
    • 恋まで百輪(『ディアプラス』2009年9月号[18]・10月号[19]、2010年3月号[20] - 2010年5月号)
    • 悪人を泣かせる方法(『ディアプラス』2011年1月号[21] - 2011年3月号)
    • CD「恋まで百輪」アフレコレポート(『ディアプラス』2011年9月号[22]
    • 悪だくみにも花はふる(『ディアプラス』2013年1月号・2月号)
  • 一瞬のアステリズム(『ピュア百合アンソロジー ひらり』vol.1(2010年4月)[23]
  • 永遠に少女(『ピュア百合アンソロジー ひらり』Vol.4(2011年4月)[24]
  • ナイトパレード(『ディアプラス』2011年7月号[25]・8月号)
  • ひらがな線、あいう駅より(『ピュア百合アンソロジー ひらり』Vol.6(2011年12月)[26]
  • 密室の密かな星(『ディアプラス』2012年2月号[27] - 2012年8月号連載[注釈 1]、番外編「ちかみち遠回り」『ディアプラス』2012年12月号掲載)
    • 密室のアフレコに行ってきましたレポ(『ディアプラス』2013年4月号)
  • 少女プラネタリウム(『ピュア百合アンソロジー ひらり』Vol.9(2012年11月)[28]
  • 大人の階段の下(『ピュア百合アンソロジー ひらり』Vol.10(2013年3月)[29]
  • 線路沿い走る。(『ディアプラス』2013年5月号・6月号)
  • 終電にはかえします(『ピュア百合アンソロジー ひらり』Vol.11(2013年7月)[30]
  • 姉の残りもの(『ウィングス』2013年10月号[31]
  • 青年発火点シリーズ
    • 青年発火点(『ディアプラス』2013年11月号 - 2014年4月号[注釈 2]
    • 青い鳥より(『ディアプラス』2015年3月号 - 2015年5月号
  • 火傷と爪痕(『ディアプラス』2014年7月号 - 2014年11月号[注釈 3]
  • 「ひとつ屋根の下」特集コミック扉&1コママンガ(『ディアプラス』2014年10月号)
  • 「ギャップ」特集コミック 扉&1コママンガ(『ディアプラス』2014年12月号)
  • 君で最後(『ディアプラス』2015年7月号・8月号)
  • はんぱもの(『ディアプラス』2016年10月号)
  • ライバルには釘をさしとく(『ディアプラス』2017年4月号)
  • あやしの湯ももいろ美人(『ディアプラス』2017年1月号 - 2017年7月号[注釈 4]、番外編『ディアプラス』2017年11月号)
  • タマシイもあげる(『ディアプラス』2018年1月号 - 2018年6月号[注釈 5]
  • 僕の完璧な恋人(『ディアプラス』2019年5月号 - 2019年10月号[注釈 6]
  • 悪いおじさん(『ディアプラス』2020年12月号)
KADOKAWAエンターブレイン
  • 恋煩いフリークス(『Fellows!』Vol.13 - Vol.18)
講談社
  • 花花星星(『good!アフタヌーン』14号(2011年)[32]
  • 甘々と稲妻(『good!アフタヌーン』2013年3号 - 2018年9号、番外編『good!アフタヌーン』2018年10号 - 2019年1号) - 毎号掲載ではない連載[注釈 7]
  • おとなりに銀河(『good!アフタヌーン』2020年5号[33] - 連載中
白泉社
小学館

書誌情報[編集]

項目が存在する作品は、それを参照。

新書館〈ウィングス・コミックス〉
ファンタズム(2008年8月22日発売[36]ISBN 978-4-403-61915-1
新書館〈ディアプラス・コミックス〉
新書館〈ひらり、コミックス〉
KADOKAWA〈ハルタコミックス〉
エディス編集部
講談社〈アフタヌーンKC〉
白泉社〈花とゆめコミックススペシャル〉

イラスト[編集]

新書館〈ウィングス文庫〉
双葉社〈単行本〉
新書館〈ディアプラス文庫〉

アンソロジー[編集]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 2012年5月号は休載。
  2. ^ 2014年2月号は休載。
  3. ^ 2014年10月号は休載。
  4. ^ 2017年4月号は休載。
  5. ^ 2018年3月号は休載。
  6. ^ 2019年7月号は休載。
  7. ^ 3号掲載後、1号休載というサイクルでの連載。

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m 【インタビュー】大切なのは「ギャップ萌え」と「カタルシス」! 『甘々と稲妻』雨隠ギド【後編】”. このマンガがすごい!WEB. 2021年1月21日閲覧。
  2. ^ 『ウィングス』2007年8月号にデビューと書かれている。
  3. ^ 雨隠ギド先生インタビュー”. Renta!. 2021年1月27日閲覧。
  4. ^ “年齢差萌え”の食卓、なぜおいしいの!?──先生と教え子と愛娘のドラマ”. 講談社 (2016年5月20日). 2021年1月27日閲覧。
  5. ^ a b 雨隠ギド先生インタビュー”. ちるちる (2011年11月18日). 2021年1月27日閲覧。
  6. ^ a b 「甘々と稲妻」特集 雨隠ギドインタビュー”. コミックナタリー. 2021年1月26日閲覧。
  7. ^ a b 【インタビュー】先生×女子高生×ごはんで好きなもの全部のせ! 『甘々と稲妻』雨隠ギド【前編】”. このマンガがすごい!WEB (2014年7月9日). 2021年1月27日閲覧。
  8. ^ ウィングス 2007年8月号”. 新書館. 2021年2月23日閲覧。
  9. ^ ウィングス 2008年4月号”. 新書館. 2021年2月23日閲覧。
  10. ^ ウィングス 2008年7月号”. 新書館. 2021年2月23日閲覧。
  11. ^ ウィングス 2009年7月号”. 新書館. 2021年2月23日閲覧。
  12. ^ ウィングス 2007年11月号”. 新書館. 2021年2月23日閲覧。
  13. ^ ディアプラス 2007年11月号”. 新書館. 2021年2月23日閲覧。
  14. ^ ディアプラス 2007年12月号”. 新書館. 2021年2月23日閲覧。
  15. ^ ウィングス 2009年2月号”. 新書館. 2021年2月23日閲覧。
  16. ^ ウィングス 2012年10月号”. 新書館. 2021年2月23日閲覧。
  17. ^ ウィングス 2009年3月号”. 新書館. 2021年2月23日閲覧。
  18. ^ ディアプラス 2009年9月号”. 新書館. 2021年2月23日閲覧。
  19. ^ ディアプラス 2009年10月号”. 新書館. 2021年2月23日閲覧。
  20. ^ ディアプラス 2010年3月号”. 新書館. 2021年2月23日閲覧。
  21. ^ ディアプラス 2011年1月号”. 新書館. 2021年2月23日閲覧。
  22. ^ ディアプラス 2011年9月号”. 新書館. 2021年2月23日閲覧。
  23. ^ ピュア百合アンソロジー ひらり、 vol.1”. 新書館. 2021年2月23日閲覧。
  24. ^ ピュア百合アンソロジー ひらり、 vol.4”. 新書館. 2021年2月23日閲覧。
  25. ^ ディアプラス 2011年7月号”. 新書館. 2021年2月23日閲覧。
  26. ^ ピュア百合アンソロジー ひらり、 vol.6”. 新書館. 2021年2月23日閲覧。
  27. ^ ディアプラス 2012年2月号”. 新書館. 2021年2月23日閲覧。
  28. ^ ピュア百合アンソロジー ひらり、 vol.9”. 新書館. 2021年2月23日閲覧。
  29. ^ ピュア百合アンソロジー ひらり、 vol.10”. 新書館. 2021年2月23日閲覧。
  30. ^ ピュア百合アンソロジー ひらり、 vol.11”. 新書館. 2021年2月23日閲覧。
  31. ^ ウィングス 2013年10月号”. 新書館. 2021年2月23日閲覧。
  32. ^ 雨隠ギド、good!アフタで園児の友情描く読み切り”. コミックナタリー (2011年1月7日). 2021年1月27日閲覧。
  33. ^ “契約”から始まる新婚ラブコメ、雨隠ギドの新連載「おとなりに銀河」goodアフタで”. コミックナタリー (2020年4月7日). 2021年1月26日閲覧。
  34. ^ 千歳四季「蒼竜の側用人」スピンオフシリーズ&雨隠ギドの新連載、ザ花とゆめで”. コミックナタリー (2019年10月25日). 2021年1月26日閲覧。
  35. ^ すくすくサイクル:「甘々と稲妻」作者の新作読み切りが「スピリッツ」に 農業通じて成長”. まんたんウェブ (2021年5月10日). 2021年5月10日閲覧。
  36. ^ ファンタズム”. 新書館. 2021年1月26日閲覧。
  37. ^ まぼろしにふれてよ”. 新書館. 2021年1月26日閲覧。
  38. ^ まぼろしにふれてよ(2)”. 新書館. 2021年1月26日閲覧。
  39. ^ まぼろしにふれてよ(3)”. 新書館. 2021年1月26日閲覧。
  40. ^ a b 恋まで百輪”. 新書館. 2021年1月26日閲覧。
  41. ^ 悪人を泣かせる方法”. 新書館. 2021年1月26日閲覧。
  42. ^ 密室の密かな星”. 新書館. 2021年1月26日閲覧。
  43. ^ 悪だくみにも花はふる”. 新書館. 2021年1月26日閲覧。
  44. ^ 青年発火点”. 新書館. 2021年1月26日閲覧。
  45. ^ 火傷と爪痕”. 新書館. 2021年1月26日閲覧。
  46. ^ 青い鳥より”. 新書館. 2021年1月26日閲覧。
  47. ^ あやしの湯ももいろ美人”. 新書館. 2021年1月26日閲覧。
  48. ^ タマシイもあげる”. 新書館. 2021年1月26日閲覧。
  49. ^ 僕の完璧な恋人”. 新書館. 2021年1月26日閲覧。
  50. ^ a b 終電にはかえします”. 新書館. 2021年1月26日閲覧。
  51. ^ 恋煩いフリークス”. KADOKAWA. 2021年1月26日閲覧。
  52. ^ 「甘々と稲妻」の雨隠ギド最新作、売れないマンガ家と“流れ星の民の姫”のラブコメ1巻”. コミックナタリー (2020年11月6日). 2021年1月26日閲覧。
  53. ^ おとなりに銀河(1)”. 講談社コミックプラス. 2021年1月26日閲覧。
  54. ^ おとなりに銀河(2)”. 講談社コミックプラス. 2021年5月7日閲覧。
  55. ^ 雨隠ギド「ゆらゆらQ」1巻、かわいい狐っ子と寡黙少年のほのぼのラブコメ”. コミックナタリー (2020年11月6日). 2021年1月26日閲覧。
  56. ^ ゆらゆらQ 1”. 白泉社. 2021年1月26日閲覧。
  57. ^ 夜の王子と魔法の花”. 新書館. 2021年1月26日閲覧。
  58. ^ 雲形の三角定規”. 双葉社. 2021年2月20日閲覧。
  59. ^ 『雲形の三角定規』 が単行本になりました。”. ゆずはら置き場/パノラマ観光公社. 2021年2月23日閲覧。
  60. ^ 甘い手、長い腕”. 新書館. 2021年1月26日閲覧。
  61. ^ リバーサイドベイビーズ”. 新書館. 2021年1月26日閲覧。
  62. ^ ほほえみ喫茶の恋みくじ”. 新書館. 2021年1月26日閲覧。
  63. ^ 生徒会長に忠告公式アンソロジー”. 新書館. 2021年2月23日閲覧。
  64. ^ 夏目イサク ファンブック”. 新書館. 2021年2月23日閲覧。

外部リンク[編集]