発言小町

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

発言小町(はつげんこまち)は読売新聞社が運営するニュースサイトYOMIURI ONLINE内の女性向け情報サイト「大手小町」内の電子掲示板形式の投稿コーナーである。

概要[編集]

1999年10月、「大手小町」発足と共にスタート[1]

「話題」「男女」「子供」「働く」「ひと」「健康」「美」「学ぶ」「口コミ」「男性発」のトピックがある。投稿ルールが定められているが[2]一部のトピックでは女性の過激な言葉が飛び交うことも少なくない。

話題になった投稿[編集]

「歩き排泄する人いないのになぜ歩きタバコするの?」
2009年12月18日、「なぜなぜ歩きながらタバコを吸るの?歩きながらご飯を食べる人も排泄をする人もいませんよね?」という投稿がなされ注目を集めた。歩き煙草副流煙火傷のリスクがあり、人によっては不快感を催すことは確かだが、「排泄と同じ」に関しては批判が集まった[3][要高次出典]
「妻の料理が不味い」
2009年6月30日、30代の男性が「妻の料理が不味いです」といった書き込みをしたところたちまち大炎上し、「じゃあ喰うな」「自分で作れば?」といった反論で溢れ返った[4][要高次出典]
「大学3年生ですが、就職活動を辞めようと思っています。」
2010年3月11日、アメリカ在住の日本人大学教員が「如何に日本で起業しにくいか」を探るため就職活動中の大学生に成りすまし「就職活動を辞めて弁当屋を開きたい」と書き込みをしたところ、「考えが甘い」「軟弱者」「無能」など起業を否定する書き込みが相次いだ[5][要高次出典]
「「禁句」を連呼するセキセイインコ」
2009年6月3日、「禁句」を連呼するセキセイインコに困っているという投稿があり、話題となった[6][7][要高次出典]
「真っ黒い手紙」
2009年5月19日、「最近、宛名も差出人も書かれていない真っ黒い手紙が届く」との内容のトピックが投稿される。手紙についてだけでなくトピ主の住環境についても謎が多く、怪奇な内容に様々な憶測を呼び話題となるが[8][9]、問題は解決されないままトピックは突如削除された。1年程後、トピ主が再投稿。トピ主一家の近況や地域の儀式に参加した事が報告されたが、黒い手紙の正体は明かされず、こちらも受付停止となった。[10]

関連書籍[編集]

テレビ版[編集]

このコーナーに寄せられた投稿を基に、早見優大東めぐみ三遊亭楽生がトークを繰り広げる30分番組「小町テレビ」が、日テレG+(毎週日曜更新、週5回再放送)、NNN系列局の福島中央テレビ(毎週日曜朝5時半)、独立UHF局のテレビ埼玉(愛称・テレ玉)(木曜夜7時半、火曜昼1時半)と東京メトロポリタンテレビジョン(愛称・TOKYO MX)(毎週月曜昼1時半)で放送されている。[11]

脚注・出典[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]