美元

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
みをん
美元
プロフィール
生年月日 1979年6月29日
現年齢 37歳
出身地 日本の旗 日本 東京都
血液型 O型
公称サイズ(2007年時点)
身長 / 体重 173 cm / kg
スリーサイズ 84 - 60 - 85 cm
靴のサイズ 26 cm
活動
他の活動 女優
モデル: テンプレート - カテゴリ

美元(みをん、みうぉん、1979年6月29日 - )は、日本ファッションモデル女優である。

経歴[編集]

1979年東京都生まれ[1]。父親は日本人、母親は韓国人[1]である。9歳時に母が死去後、父と兄と共に3人で生活する[1]

芸名の「美元」は「『美』しさの『元』を発信できる女性になること」[1]を意図し、「ミウォン」はその朝鮮語読みである。実名は裕子(ゆうこ)で、旧姓は芦澤[2]、再婚後の姓は非公表(高嶋と婚姻当時は高嶋裕子)[3]

2000年ミスユニバースジャパン大会で「準ミスユニバースジャパン」に選出された後、ファッションモデルとしてアジアを中心に日本国外で行われるショーなどへ出演した。2007年、日本映画『M』で主役を演じ女優デビュー[1]する。2012年6月23日、所属事務所スタッフ・アップ解雇[4]される。

私生活[編集]

テレビドラマ『大韓航空機爆破事件から20年 金賢姫を捕らえた男たち』の共演を機に高嶋政伸と親密になり結婚に至る。2008年8月31日、日枝神社で挙式、帝国ホテル結婚披露宴を行う。9月8日、美元が婚姻届を提出する[5]

結婚翌々年の2010年8月頃より別居状態になり、2011年7月12日、離婚裁判[6]と報じられる。2012年6月、婚姻継続を望む美元と離婚を望む高嶋の双方が出廷[1]した、東京家庭裁判所公判の様子[7]が広く報じられ、9月19日に結審となる。

2012年11月9日、高嶋から離婚成立を求められた訴訟で、「婚姻を継続し難い重大な事由がある[8]と認められ、婚姻関係はもはや修復不可能であり、破綻していると言わざるを得ない。婚姻関係破綻の責任がもっぱら原告にあるとは言えない。」[9]と離婚を認める判決を、東京家庭裁判所小林愛子裁判官が言い渡した[10]。その後、高嶋側が訴えを取り下げ協議離婚が成立したことを、同月26日に双方の弁護士が発表した[11]

その後、2013年7月に年下の投資家の男性とのデートが報じられ[12]、同年末に再婚。2014年8月には海外に移住し[13]、再婚相手との間にできた子供もいる。2015年2月現在シンガポール在住[14]

出演[編集]

映画[編集]

  • 2007年
    • 『M』 - 聡子 役
    • プラスワン OUT THE POOL
    • プラスワン法則
  • 2008年 - 『東京ソーダ水
  • 2011年 - ハードライフ 紫の青春・恋と喧嘩と特攻服

テレビ[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f “美元「復縁確信した。事実と異なる話が多々ある」…高嶋政伸と離婚裁判”. スポーツ報知 (東京: 報知新聞社). (2012年6月2日). http://hochi.yomiuri.co.jp/entertainment/news/20120602-OHT1T00013.htm 2012年6月2日閲覧。 
  2. ^ 桑本美鈴 (2000年10月12日). “デジタルティーブイネット、エンターテインメントサイト"neoTV"のオープンイベントを開催”. ASCII.jp. KADOKAWA. http://ascii.jp/elem/000/000/317/317596/ 2016年5月1日閲覧。 
  3. ^ “高嶋政伸、美元とかみ合わない離婚裁判”. 日刊スポーツ (東京: 日刊スポーツ新聞社). (2012年6月2日). http://www.nikkansports.com/entertainment/news/p-et-tp0-20120602-960942.html 2015年8月4日閲覧。 
  4. ^ “美元解雇は高嶋サイドに配慮? 関係者「対外的な問題もある」”. スポーツニッポン (東京: スポーツニッポン新聞社). (2012年6月24日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2012/06/24/kiji/K20120624003533410.html 2012年6月24日閲覧。 
  5. ^ 美元本人のブログによる [要文献特定詳細情報]
  6. ^ “高嶋政伸、離婚…モデル・美元と結婚わずか3年で”. スポーツ報知 (東京: 報知新聞社). (2011年7月13日). オリジナル2011年7月14日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20110714220531/http://hochi.yomiuri.co.jp/entertainment/news/20110713-OHT1T00025.htm 2011年7月13日閲覧。 
  7. ^ “高嶋政伸「109万円必要な女と言われた」”. 日刊スポーツ新聞社. 東京. (2012年6月1日). http://www.nikkansports.com/entertainment/news/f-et-tp0-20120601-960662.html 2015年9月17日閲覧。 
  8. ^ 民法第770条1項5号
  9. ^ “高嶋さん夫妻の離婚認める 東京家裁「修復不可能」”. 47NEWS(よんななニュース). 共同通信社 (東京: 株式会社全国新聞ネット). (2012年11月9日). http://www.47news.jp/CN/201211/CN2012110901001405.html 2012年11月9日閲覧。 
  10. ^ “高嶋さんと美元さん離婚認める=「婚姻関係が破綻」-東京家裁”. ウォール・ストリート・ジャーナル. 時事通信社 (東京). (2012年11月9日). http://jp.wsj.com/public/page/0_0_WJPP_7000-545471.html 2015年9月17日閲覧。 
  11. ^ 高嶋政伸さん訴え取り下げ、美元さんと正式離婚 - 共同通信 2012年11月26日
  12. ^ 美元、年内再婚へ!すでに妊娠か 女性自身ではデート報道”. 産経新聞社 (2013年7月3日). 2015年4月12日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年4月12日閲覧。
  13. ^ 美元 離婚から1年8カ月…ひそかに“海外移住”していた!【美元】”. 光文社 女性自身 (2014年8月19日). 2014年8月23日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年4月12日閲覧。
  14. ^ 高嶋政伸と泥沼離婚の美元 年下投資家と再婚すでに出産も”. 小学館 NEWSポストセブン (2015年2月5日). 2015年4月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年4月12日閲覧。

外部リンク[編集]