今村昌弘

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
今村 昌弘
(いまむら まさひろ)
誕生 1985年????
長崎県
職業 推理作家
国籍 日本の旗 日本
最終学歴 岡山大学卒業
活動期間 2017年 -
ジャンル 推理小説
代表作 屍人荘の殺人
主な受賞歴 鮎川哲也賞(2017年)
本格ミステリ大賞(2018年)
デビュー作 『屍人荘の殺人』
サイン
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

今村 昌弘(いまむら まさひろ、1985年 - )は、日本推理小説家長崎県出身。

略歴・人物[編集]

人物[編集]

岡山大学医学部保健学科を卒業[1]

声優入江麻衣子は又従兄弟である。[2][3]

受賞まで[編集]

大学卒業後、放射線技師として働きながら小説を書き続ける[4]。29歳で勤めを辞めて執筆に集中[5]

2017年、『屍人荘の殺人』で第27回鮎川哲也賞を受賞する[6][1][7]。受賞作について、推理作家北村薫は、「奇想と本格ミステリの融合が、実に見事。この頭の働きには、素直に脱帽するしかありません」と評している[8]。同作は「このミステリーがすごい!2018」第1位、「2018 週刊文春ミステリーベスト10」第1位、「2018 本格ミステリ・ベスト10」第1位、第15回本屋大賞第3位、第18回本格ミステリ大賞など、デビュー作ながら高く評価された。2019年には映画化された[9]

受賞時点の紹介では「フリーター」「兵庫県在住」と記されている[1]


作品リスト[編集]

  • 屍人荘の殺人(2017年10月 東京創元社 ISBN 978-4-488-02555-7 / 2019年9月 創元推理文庫 ISBN 978-4-488-46611-4
  • 魔眼の匣の殺人(2019年2月 東京創元社 ISBN 978-4-488-02796-4[10]

単行本未収録作品[編集]

  • 明智恭介 最初でも最後でもない事件(東京創元社『ミステリーズ!』vol.98 DECEMBER 2019)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 第27回鮎川哲也賞が決定いたしました - 東京創元社
  2. ^ 美学生図鑑 (2014年1月16日). “入江麻衣子”. be amie. 2016年12月17日閲覧。
  3. ^ Twitterページ (2020年1月3日). “現在放送中の神木隆之介さん主演の映画の原作は私の又従兄弟のお兄さんです”. 入江麻衣子Twitter. 2020年1月3日閲覧。
  4. ^ 本屋大賞候補 岡山大卒の今村さん デビュー作「屍人荘の殺人」」『山陽新聞デジタル|さんデジ』。2018年5月4日閲覧。
  5. ^ 本屋大賞候補 岡山大卒の今村さん デビュー作「屍人荘の殺人」」『山陽新聞デジタル|さんデジ』。2018年5月4日閲覧。
  6. ^ 【鮎川哲也賞】兵庫県在住の今村昌弘さん『屍人荘の殺人』が受賞 - 本のページ(2017年4月15日)
  7. ^ 東京創元社、第27回「鮎川哲也賞」を決定”. 新文化通信社. 2017年11月3日閲覧。
  8. ^ 本格ミステリを牽引する新たなる旗手、衝撃のデビュー『屍人荘の殺人』”. 東京創元社 (2017年10月6日). 2017年11月3日閲覧。
  9. ^ “神木隆之介×浜辺美波×中村倫也!「屍人荘の殺人」実写映画化”. シネマトゥデイ (株式会社シネマトゥデイ). (2018年12月3日). https://www.cinematoday.jp/news/N0105395 2018年12月20日閲覧。 
  10. ^ 緊急特報!! 『屍人荘の殺人』続編刊行決定!”. Webミステリーズ!. 東京創元社 (2018年11月7日). 2018年12月21日閲覧。

外部リンク[編集]