内助の功

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

内助の功(ないじょのこう)とは日本の慣用句である。「家庭において、夫の外部での働きを支える妻の功績」という意味がある。類語には鶏鳴の助縁の下の力持ちがある。

語源[編集]

土佐国高知藩主、山内一豊の妻である千代(見性院)が、一豊のために嫁入りの持参金(黄金十両)で高価な馬(鏡栗毛)を購入した。その馬が、織田信長の目にとまり、出世を助けたという話から来ている。

この話は、後年編纂された新井白石の「藩翰譜」に載せられていたのが根拠となり、江戸時代中期にはすでに有名になっているそうだが、山内家の資料の中には一切記録がなく裏付けられていない。

関連人物[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]