ニュースおじさん

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ニュースおじさん」は、1991年10月3日フジテレビの『世にも奇妙な物語 秋の特別編』で放送されたテレビドラマ。ここでは続編となる「ニュースおじさん、ふたたび」についても記述する。

原作[編集]

大場惑の『奇妙劇場 vol.1 十一の物語』(太田出版)に収録された「ニュースおじさん」が原作。終始、主婦むつみの夫からの視点で語られている。また、原作とドラマは結末が異なる。

ニュースおじさんとは[編集]

唐十郎演じるニュース(特に事故などの外での報道など)に必ず映る謎の人物。同時刻に別の場所で起きたニュースなどでも、どちらにも姿を現すなど、人間離れした印象を残す。

物語の印象から、事故や火災などの現場に現れるイメージが強いが、カルガモの親子や川でアザラシが発見されたなどのニュースにも登場している。

「ニュースおじさん」[編集]

放送日[編集]

1991年10月3日の『世にも奇妙な物語 '91秋の特別編』にて放送。

ストーリー[編集]

主婦のむつみは、ニュースの中で何故かいつもあるおじさんが映っていることを発見する。それを夫に伝えるも、夫は興味を持たない。

事故などのスクープに必ずいるそのおじさんに、むつみは恐怖を覚えていく。そんなある日、むつみは夫とでかけたドライブであのおじさんに出会う。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

「ニュースおじさん、ふたたび」[編集]

概要[編集]

『世にも奇妙な物語』初の続編となる作品[1]。『めざましテレビ』とのコラボとして、めざましテレビの出演者が多く登場。主人公の朝倉瑞希もめざましテレビのキャスターという設定となっている。日本大学芸術学部の中町綾子教授は、他の人にはわかってもらえない彼女たちが抱える孤独が描かれていると評している[2]

2010年4月4日の『世にも奇妙な物語 20周年スペシャル・春 〜人気番組競演編〜』にて放送。

ストーリー[編集]

ニュースキャスターの朝倉瑞希は、いつも自分より先に現場にいる謎のおじさんの事を気にかけていた。

おじさんより先に現場に着こうとするが、いつも、おじさんが先にいる。様々な仮説を立てておじさんを追うが…

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 1992年4月30日に放送された「常識酒場」の後日談として「トラブルカフェ」という作品がある。両方とも同じ主人公であり、正確に言えば「トラブルカフェ」が『世にも奇妙な物語』初の続編である。
  2. ^ 「世にも奇妙な物語」(フジテレビ系)ニュースおじさんの正体は…日本経済新聞