2040年のメリークリスマス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

2040年のメリークリスマス」(2040ねんのメリークリスマス)は、1996年12月24日にテレビドラマ『世にも奇妙な物語』内で放送されたストーリーの一つである。通算302話にあたり、クリスマスを扱ったストーリーとしては最も評価の高いストーリーのひとつ[要出典]で、2008年4月2日にDVD発売された[1]

あらすじ[編集]

漫画家を志す多喜田利彦はデパートの警備員のバイトをしていた。ある日自分の孫だと名乗る少女から電話がかかる。最初は信じない利彦だが、バイト先のビルで小火があるという予言が当たったために孫の話を信じだす。

自ら没にしていた原稿を完成させるように孫からアドバイスを受け、書き上げた原稿は見事採用された。やっと自分にとってよい方向に向かい始めた矢先、孫から過去への違法電話がばれたために自分からの電話はこれが最後になると明かされ…。

スタッフ[編集]

キャスト[編集]

脚注・出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 世にも奇妙な物語DVDの特別編2ポニーキャニオン公式サイト