右手の復讐

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

右手の復讐」(みぎてのふくしゅう)は、テレビドラマ世にも奇妙な物語』の中の1話。

1992年8月13日放送。第224作目。同回の作品に「」、「ネチラタ事件」がある。

ストーリー[編集]

突然右手が言う事を利かず勝手に動くようになった達郎は電車で痴漢をしたり、上司を殴ったり、恋人の首を絞めたりして孤立してしまう。ある日、買い物中に右手がレジに延びお金を掴んで離さず泥棒呼ばわりされてしまう。逃げる達郎だがぶつかったヤクザたちを右手が殴ってしまい、果ては警官のピストルを抜きもみ合っているうちに殺してしまう。このままではダメだと思った達郎は右手を線路に縛り電車に敷かせて切断するが…。

スタッフ[編集]

キャスト[編集]