最後の喫煙者

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
最後の喫煙者
著者 筒井康隆
発行日 2002年平成14年)11月1日
発行元 新潮文庫
ジャンル SF小説
日本の旗 日本
言語 日本語
形態 短編SF小説
ページ数 20
公式サイト iTunes Store オーディオブック 最後の喫煙者
リンク先はiTunesが必要。
コード ISBN 978-4-10-117143-2
Wikidata-logo-en.svg ウィキデータ項目を編集
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

最後の喫煙者』(さいごのきつえんしゃ)は、筒井康隆の短編SF小説1987年昭和62年)10月小説新潮』において発表された。

作品概要[編集]

国会議事堂の頂きに座り込み、地球上で『最後の喫煙者』になった小説家が、それまでに起きた嫌煙権運動を振り返る。愛煙家・喫煙者差別が魔女狩りレベルの排斥運動となって、きちがいの沙汰となりヒステリックに過激化していく様子を、主人公である小説家の視点から描いている。

発表当時『健康ファシズム』という表現で行われているが、煙草屋が村八分にされ、世界保健機関人権擁護局赤十字・マスメディア・国民・嫌煙権団 (KEK) と称する団体が、煙草屋や愛煙家の家に対して放火・殺人を始めていき、喫煙者を脅迫・私刑にし、警察および自衛隊といった存在までもがタバコ及び喫煙を排斥する側に回っていく様子を記述し、風刺している。

作者の意図[編集]

現在の『禁煙ファシズム』においても、全体主義的な禁煙・嫌煙・嫌煙権運動への批判として、この作品が引き合いに出されることが多い。その後も筒井は自身のコラムや作品中で、嫌煙・禁煙運動について批判的に触れている[1]

メディア展開[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 例えば『笑犬樓よりの眺望』(新潮社1994年、新潮文庫1996年)収録「健康心配社会に長生きはしたくない」(初出:『噂の眞相』1990年4月号)、および『笑犬樓の逆襲』(『噂の眞相』連載時は『狂犬樓の逆襲』、2004年新潮社、2006年新潮文庫)収録「愚挙・千代田区の歩行者喫煙取締りを糾弾する」(初出:『噂の眞相』2002年12月号)などがある。

外部リンク[編集]