株式男

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

株式男」(かぶしきおとこ)は2001年4月5日フジテレビの『世にも奇妙な物語 春の特別編』で放送されたテレビドラマ。主演は七代目の市川染五郎

概要[編集]

『人間に株式会社同様の価値を賦与したらどうなるか』を描いた作品。

とんでもない帰結を迎え、東京証券取引所の電光掲示板からも名前が抹消された主人公の事を小説版では「そう言う男」と冷たく突き放している。

ストーリー[編集]

不真面目なサラリーマンの高桑喜一郎(市川)はある日、自分の名前と全く同じ品名のが有ることに気づき興味を持つ。翌日、通勤列車内で痴漢を捕縛し、得意周りの途中でお年寄りを助けた彼はたまたま立ち寄った喫茶店で『高桑株』の正体を知り仰天。

何と、その株は彼自身を取引の材料とした株だったのだ!

配当金としてものすごい数の一万円札を受け取った彼は、普通の株式会社と同じく業績を上げれば給料以上の大金が転がり込んでくることに気づいて俄然やる気を出す。

おかげで『高桑株』は高騰し、彼自身も行きつけのクラブで豪遊する身分になった。そんなある日、クラブで飲んでいるとディーラーと名乗る謎の男(国村隼)に声をかけられる。

ディーラーから名刺をもらいつつもそれを黙殺し、さらに仕事をつづけた彼は遂に自身が勤める会社と合併する話(社長令嬢と結婚し、会社を継ぐ)という話を持ちかけられて有頂天。

そのお祝いに恋人を高級レストランに誘ってデートする物の、すっかり成金趣味に染まっていた主人公を嫌悪した恋人は彼のもとを去ってしまう。

その日の深夜、クラブでやけ酒を呷(あお)っていた主人公はつい社長令嬢との結婚話を漏らしてしまい、それが元で株主総会の最中にインサイダー取引の容疑で東京地方検察庁に強制連行されてしまった。

おかげで彼の信用はガタガタ。株券も紙くず同然になってしまい、路頭に迷ってしまった彼はポケットに入っていた名刺からディーラーの事を思い出し彼のもとを訪れる。

ディーラーは助力を約束。再び生きる希望を取り戻した、彼はかつての恋人とよりを戻すことにも成功する。

しかし、その後彼を待っていたのは…!

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

関連項目[編集]