田村三郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

田村 三郎(たむら さぶろう、1917年大正6年)1月8日 - 2015年平成27年)12月4日[1])は、日本の農芸化学者。専攻は生物有機化学東京大学名誉教授。昆虫、高山植物、微生物の成長や性に関する生理活性物質の化学構造を決定した。

群馬県生まれ。東京帝国大学農学部農芸化学科卒業。 1989年(平成元年)12月12日、日本学士院会員。1992年(平成4年)文化功労者。1999年(平成11年)文化勲章受章。

1956年(昭和31年)に東京大学運動会ア式蹴球部の監督を務めたが、関東2部リーグへと降格させてしまっている[2]

従三位[3]

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]