県庁の星

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

県庁の星』(けんちょうのほし)は、桂望実の小説。小学館より発刊。2005年に漫画化、そして2006年に映画化されている。

概要[編集]

2005年9月20日に初版が発行される。2006年に映画化に至り、ベストセラーとなる。

ストーリー[編集]

Y県庁の産業振興課に勤める県庁の星野村聡は、Y県職員人事交流研修で民間のスーパーに派遣される。そこでパートタイマーの教育係、二宮泰子と出会う。

そのスーパーでは役人の常識は全く使えず、野村はお荷物とされてしまう。そして、野村は、食物調理にまわされる。そこでの不衛生で法外な行為を指摘すると、野村率いる適正素材を使い高級弁当を作るチームと、現状維持の弁当を作るチームとして分かれることになる(スーパー店員による賭けも行われる)。しかし、高級弁当はほとんど売れない。

野村は努力し続けるが、交際相手のあいちゃんに300万円を詐欺されるなど不幸が続く。そんな野村を救ってくれたのが二宮だった。二宮の誘いでO市のデパ地下でマーケティング調査をすると、データでは知れなかった女の性質に気づかされ、そこから野村は自分が気づかなかったことを次々と気づき、改善し、野村率いるAチームの弁当売り上げが最終的にBチームに勝利して、研修を終える。

映画[編集]

県庁の星
監督 西谷弘
脚本 佐藤信介
製作 島谷能成
亀山千広
永田芳男
安永義郎
細野義朗
亀井修
製作総指揮 石原隆
中山和記
出演者 織田裕二
柴咲コウ
音楽 松谷卓
撮影 山本英夫
編集 山本正明
配給 東宝
公開 日本の旗 2006年2月25日
上映時間 131分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
興行収入 20.8億円
テンプレートを表示
ポルカ屋上に展示されている「満天堂」のセット
ポルカ屋上に展示されている「満天堂」のセット
満天堂浜町店 - 天満屋ハピータウン高梁店(ポルカ)
満天堂浜町店 - 天満屋ハピータウン高梁店(ポルカ)
K県庁 - 香川県庁舎
K県庁 - 香川県庁舎
野村が二宮と市場調査をしたデパート - 高松天満屋
野村が二宮と市場調査をしたデパート - 高松天満屋
野村と二宮が待ち合わせをした駅前 - 瓦町駅
野村と二宮が待ち合わせをした駅前 - 瓦町駅
特別養護老人施設建設予定地 - 屏風ヶ浦
特別養護老人施設建設予定地 - 屏風ヶ浦

2006年2月25日東宝系で公開された。興行収入20.8億円[1]

劇中に出てくる「立入検査結果通知書」に記載の電話番号の市外局番「0870」から察するに、「K県」とは香川県である可能性が高い。 庁舎として登場するビルは香川県庁の本館であり、高松市や高梁市など同地・隣県がロケ地として多く登場する。また、茨城県庁や銚子市など関東でのロケもある。

ストーリー[編集]

映画では、原作とは若干異なったストーリーが構成されている。

主人公はK県庁のキャリアであるプライドが高い野村聡、そして、高校を中退した、スーパー「満天堂」のパート店員の二宮あき

ある日、野村が県のプロジェクトである民間企業との人事交流研修のメンバーとして研修先である「満天堂」を訪れる。「満天堂」は消防署、保健所から何度も注意を受け、営業差し止め寸前だった。その「満天堂」には、客にも疎らでやる気の無い店員たちと、自分より年下の教育係、二宮あきがいた。それでも出世の為と意気込む野村だが、そこでは役人の常識は全く通用せず、野村は邪魔者扱いされる。野村は、惣菜部門にまわされる。そこでの不衛生で法外な行為を指摘すると、野村率いる適正素材を使い高級弁当を作るAチームと、現状維持のBチームとして分かれることにより野村の責任追及を回避することにより野村の納得を得る。しかし、Aチームの弁当はほとんど売れず、チーム内からも反発される。

野村は努力し続けるが、自ら関わっていたプロジェクトから知らぬ間に外され、フィアンセの建設会社社長令嬢からも婚約破棄を言い渡され、散々な目に会い、酔いつぶれてしまう。そんな野村を救ってくれたのが二宮だった。「デート、付き合ってみる気ない?」その言葉で連れて行かれたデパ地下(天満屋高松店)でマーケティング調査をすると、データでは知れなかった女の性質に気づかされ、そこから野村は自分が気づかなかったことに次々と気づき、満天堂の経営を改善。最高の形で研修を終える。

県庁に戻った野村は自らの希望で生活福祉課に異動し、自身の出世より県民の生活を重視した提案をするようになる。また、営業差し止めの危機に立った満天堂は、野村と二宮が作成したマニュアルのおかげで窮地を乗り切る。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

キャッチコピー[編集]

  • カイカクするのはココロです

「県庁の星」製作委員会[編集]

主なロケ地[編集]

漫画[編集]

ビッグコミックスペリオール2005年23号より連載された。コミックス全4巻。作画は今谷鉄柱

ストーリー[編集]

二宮はバツイチシングルマザーで、野村との年齢差もより小さいという設定。 また、1・2巻にて、原作に相当するストーリーが終了した後も、「第2部」として漫画版のオリジナルストーリーが掲載された。第2部は野村が今度は赤字続きの第3セクターレジャー施設「ワイワイらんど」に経営再建のために派遣されるというものである。

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]