幕末高校生

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

幕末高校生』(ばくまつこうこうせい)は、フジテレビ系列で1994年1月15日から2月12日まで放送されたテレビドラマ。『ボクたちのドラマシリーズ』の一作。

テレビドラマの原案に協力している眉村卓の短編小説「名残の雪」(『思いあがりの夏』に所収)を原作に1977年に『少年ドラマシリーズ』で放送された、同じくタイムスリップして幕末時代が舞台という『幕末未来人』がある。

2014年7月26日には、約20年前に作られたテレビドラマに着想を得て、映画『幕末高校生』が制作、全国公開された[1]

テレビドラマ[編集]

概要[編集]

修学旅行先の京都映画村で地震に遭い、3人の生徒と新米教師が幕末にタイムスリップしてしまう。4人は最初は映画村の中にいるものと勘違いしていたが、実はタイムスリップしていたことに徐々に気付き、周囲の人々も突如現れた見知らぬ西洋風の服(制服)を着た集団を見てパニックとなるが、どうにか佐久間象山に匿われ事なきを得る。

学校の先生そっくりの悪徳商人に出会ったり、生徒の1人が遊郭水揚げを待つ遊女に恋をするなどし、毎回歴史上の人物に遭遇、時には新撰組に捕らえられるなど紆余曲折を経て、4人はどうにか現代に戻る方法を模索する。そして地震を利用して現代に戻るため、佐久間と共に地震予知計を完成させる。

生徒たちが持っていた教科書に、自らが暗殺される記述がある事を見つけた佐久間が、歴史を変えることはできないと考え、匿おうとする生徒と別れあえて殺されに向かうシーンや、最終回で現代の日本史の教科書に掲載された坂本龍馬の写真が、生徒の一人が履いていたリーボックスニーカーを履いたものに変わるなど、歴史上の登場人物らと現代を巧みに織り交ぜたドラマである。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

音楽[編集]

サブタイトル[編集]

  1. 第1回 タイムスリップ!(1994年1月15日)
  2. 第2回 はりつけの女教師(1994年1月22日)
  3. 第3回 ねらわれたナイス・バディ(1994年1月29日)
  4. 第4回 冒険は愛を育てる(1994年2月5日)
  5. 第5回 未来へ帰ろう!(1994年2月12日)

映画[編集]

幕末高校生
監督 李闘士男
脚本 橋部敦子
原案 眉村卓「名残の雪」
製作 石原隆
手塚治
出演者 玉木宏
石原さとみ
柄本時生
川口春奈
千葉雄大
谷村美月
吉田羊
渡辺邦斗
柄本明
隆大介
山崎銀之丞
伊武雅刀
石橋蓮司
佐藤浩市
音楽 服部隆之
主題歌 ナノ「INFINITY≠ZERO」
撮影 藤石修
編集 宮島竜治
製作会社 「幕末高校生」製作委員会
配給 東映
公開 日本の旗 2014年7月26日
上映時間 108分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

1868年幕末を舞台に、新政府軍幕府軍との戦いを避けたい勝海舟が、未来からタイムスリップして来た高校教師と出会って、歴史が変わるかもしれない事を知る。

時代劇が衰退していく現状にあって、「若い世代もターゲットした時代劇」というコンセプトで制作される映画。主演する玉木宏石原さとみは、ともに時代劇初主演[2][3]で、石橋蓮司伊武雅刀は、20年前のテレビドラマにも出演している。製作の石原隆手塚治も同じく20年前のテレビドラマに石原は企画、手塚はプロデュースとして参加している。

全国254スクリーンで公開され、7月26日から27日の2日間で観客動員3万9085人、興行収入5101万3200円となり、映画観客動員ランキング(興行通信社調べ)で初登場第9位になった[4]

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

脚注・出典[編集]

外部リンク[編集]

フジテレビ ボクたちのドラマシリーズ
前番組 番組名 次番組
幕末高校生