野口光一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

野口 光一(のぐち こういち、1965年9月16日 - )は、日本VFXクリエーター岐阜県出身。

東映アニメーション所属の企画営業本部 映像企画部次長 兼 映像企画室プロデューサー。

概要・経歴[編集]

1989年 - トーヨーリンクスに入社。

1995年 - 渡米。Boss Film Studiosにて、リチャード・エドランドに師事し映画のVFX制作を担当する。

帰国後フリーランス、ポリゴン・ピクチュアズを経て、東映アニメーションにてVFX/CGスーパーバイザーとして映画に参加する[1]

CGWORLDで「日本にフルCGアニメは根付くのか?」という連載を持っている[2][3]

主な作品[編集]

映画[編集]

ゲームムービー[編集]

テレビドラマ[編集]

テレビアニメ[編集]

テレビ出演[編集]

  • 『美の饗宴 渦巻く大気をつかめ ~ターナー・究極の風景画~[7]』 (2012年)

主な論文[編集]

  • 『日本市場におけるCGアニメーションの現状 ー『楽園追放 Expelled from Paradise』を中心にー[8]』(2016年)
  • 『メディア変革期における「メディアミックス」の新展開―『妖怪ウォッチ』を事例に―[9]』(2017年)

脚注[編集]

[脚注の使い方]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]