エアフォース・ワン (映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
エアフォース・ワン
Air Force One
監督 ウォルフガング・ペーターゼン
脚本 アンドリュー・W・マーロウ
製作 ウォルフガング・ペーターゼン
ゲイル・カッツ
アーミアン・バーンスタイン
ジョン・シェスタック
製作総指揮 トーマス・A・ブリス
マーク・エイブラハム
デヴィッド・レスター
出演者 ハリソン・フォード
ゲイリー・オールドマン
音楽 ジェリー・ゴールドスミス
撮影 ミヒャエル・バルハウス
編集 リチャード・フランシス・ブルース
配給 アメリカ合衆国の旗 コロンビア/SPE
日本の旗 ブエナビスタ
公開 アメリカ合衆国の旗 1997年7月25日
日本の旗 1997年11月29日
上映時間 124分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 8500万ドル[1]
興行収入 世界の旗 $315,156,409[1]
アメリカ合衆国の旗 約1億7300万ドル[1]
日本の旗 20億円[2] (配給収入)
テンプレートを表示

エアフォース・ワン』 (Air Force One) は、1997年公開のアメリカ映画テロリストハイジャックされたアメリカ合衆国大統領専用機「エアフォースワン」 (VC-25) を取り戻すため、大統領がテロリストたちと攻防を繰り広げるアクション映画。本作での大統領役をハリソン・フォードが演じる。アカデミー賞では編集賞、音響賞にノミネートされた。

あらすじ[編集]

アメリカ合衆国大統領のジェームズ・マーシャルはロシアと共同し、ソ連復活を目論むカザフスタン独裁者イワン・ラデクを拘束し、モスクワでテロと戦う演説を行った。その帰路、マーシャルは大統領専用機「エアフォース・ワン」にロシアのテレビクルーたちを同乗させるが、彼らの正体はラデクの奪回を目論むテロリストであった。

テロリストたちはハイジャックを成功させたが、マーシャルには機内備え付けの緊急脱出用ポッドで脱出されてしまう。しかし、マーシャルはポッドだけを落として脱出したように見せかけ、機内に潜伏していた。家族と人質を救うため、マーシャルはテロリストたちに孤独な戦いを挑む。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

日本語吹替[編集]

役名 俳優 ソフト版 テレビ版
ジェームズ・マーシャル合衆国大統領 ハリソン・フォード 村井国夫
イワン・コルシュノフ ゲイリー・オールドマン 佐古正人 山路和弘
キャサリン・ベネット副大統領 グレン・クローズ 藤田淑子 高畑淳子
グレース・マーシャル ウェンディ・クルーソン 塩田朋子 野沢由香里
アリス・マーシャル リ-ゼル・マシューズ 仙台エリ 岡村明美
ロイド・シェパード首席補佐官 ポール・ギルフォイル 小山武宏 富田耕生
ギブス サンダー・バークレー 水野龍司 谷口節
コールドウェル ウィリアム・H・メイシー 長島雄一 田中信夫
ウォルター・ディーン国防長官 ディーン・ストックウェル 田原アルノ 羽佐間道夫
ラデク将軍 ユルゲン・プロホノフ (セリフなし)
メラニー・ミッチェル ドナ・ブロック 宮寺智子 佐藤しのぶ
ジャック・ドハーディ トム・エバレット 岩田安生 田原アルノ
ノースウッド ビル・スミトロヴィッチ 稲葉実
ペトロフ・ロシア大統領 アラン・ウォルフ 水野龍司 川久保潔
コルチャーク エリヤ・バスキン (原語のみ) 長島雄一
クラシン イリア・ヴォロック (原語のみ) 田尻ひろゆき
ホワイトハウスのオペレーター ダイアナ・ベラミー 磯辺万沙子 片岡富枝
管制塔職員 トム・バリー 星野充昭 宝亀克寿
フィリップス ブライアン・リビー 廣田行生 千田光男
トーマス・リー スペンサー・ギャレット 伊藤栄次 山野井仁
アンドリュー・ウォー司法長官 フィリップ・ベイカー・ホール 岩田安生 石森達幸
アクセルロッド大佐 マイケル・レイ・ミラー 宝亀克寿 小島敏彦
イングラハム カール・ワイントローブ 小室正幸
カールトン ドン・マクマナス 仲野裕
レンスキー レヴァニ・オウチャネイチヴィリ 中田和宏
ボリス・バジレフ アンドリュー・ディヴォフ 星野充昭
イゴール・ネフスキー デイヴィッド・ヴァディム 佐久田修
その他 柳沢栄治後藤哲夫遊佐浩二
鳥畑洋人本田貴子
佐々木敏深水由美
坂口賢一
後藤哲夫、喜田あゆみ遠藤純一
斎藤恵理よのひかり鈴木正和
小谷津央典
翻訳 石原千麻 佐藤一公
演出 松岡裕紀 伊達康将
調整 金谷和美
制作 Disney Character,
Voices International
東北新社
  • テレビ版 - 初回放送2001年1月19日 日本テレビ金曜ロードショー」21:03-23:24
  • ソフト版では、原語(ロシア語)のままだったコルシュノフの部下たちの声も日本語で吹き替えられている。ただし、字幕版では原語(ロシア語)のままではなく、括弧内に日本語で使われていた。

逸話[編集]

実機(2005年11月16日 伊丹空港
撮影用機材の日本航空JA8103
(1981年10月25日 ロンドン
機内取材
当時、大統領専用機は非公開であり、取材許可が下りなかった。しかしハリソン・フォードは友人でもあるビル・クリントン大統領(当時)の誕生パーティーに「エアフォースワンを取材させてほしい」と直接交渉する。これにより特別に取材が許可され、メリーランド州アンドルーズ空軍基地内でVC-25大統領専用機「エアフォースワン」の機内取材を行なった。ただし、当時は機内の撮影が許可されていなかったため、取材スタッフは機内の様子を記憶してから装備品や配色などをイラスト化し、それを元に機内のセットを製作していった。
機内の撮影が許可されたのは、ジョージ・W・ブッシュ政権末期の2008年に入ってからで、撮影した番組はヒストリーチャンネルナショナルジオグラフィックチャンネルで制作され、日本語版も作られている。番組では映画のセットがいかに精巧で、正確であったかを見比べるシーンも存在する。また、機内のセットは後にテレビドラマ『ザ・ホワイトハウス』でも使用されている。
撮影用機材
撮影に使われたボーイング747 (N703CK) は、1970年1992年日本航空 (JAL) ・日本アジア航空 (JAA) で活躍した、元JA8103の-100である(実物は-200)。これは、JALが初期に導入した747シリーズ3機のうちの3号機となり、主に台湾方面の国際線で使用されていた。92年に747-400に置き換えられアメリカン・インターナショナル航空に売却、サウジアラビア航空カリッタエアにリースされた後、2000年に完全退役、スクラップになった。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c Air Force One (1997)” (英語). Box Office Mojo. 2010年2月8日閲覧。
  2. ^ 日本映画産業統計 過去配給収入上位作品 (配給収入10億円以上番組) 1998年(1月~12月)”. 社団法人日本映画製作者連盟. 2010年4月8日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]