核のフットボール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
司令部を離れたときでも核攻撃の許可が出せる様、アメリカ合衆国大統領の側近が携帯するブリーフケース

核のフットボール(かくのフットボール)とは、アメリカ合衆国大統領が司令部を離れたときでも核攻撃の許可を出せる道具が入った、黒いブリーフケースである。このブリーフケースは、アメリカ軍の戦略的防衛システムにおいて、ホワイトハウス地下のシチュエーションルームなどの固定された司令部に対する、移動可能な拠点として機能する。ほかに原子フットボール大統領の非常用サッチェル核のボタンブラック・ボックス、あるいは単にフットボールとも呼ばれる。

内容[編集]

ワシントン・ポストの報道によれば、米大統領には核兵器の発射コードとフットボールを携帯した軍事顧問1名が常に随伴しており[1]、そのフットボールとは、ゼロハリバートン社製で、黒い革のカバーで覆われているブリーフケース(アタッシェケース)のことである[2]。鞄の重さはおよそ20キログラムで、持ち手のところには、小型のアンテナが伸びている[3]

ホワイトハウス警護室英語版のトップであったビル・ガリー(Bill Gulley)は、著書である「ブレイキング・カヴァー」のなかで、こう記している[3]

フットボールには4つのものが入っている。報復措置を記した黒い手帳(The Black Book)、“極秘の場所”を一覧化した本、緊急警報システムの手続きをまとめた、8ページから10ページほどの紙をはさんだマニラフォルダー[4]、認証コードが書かれた3×5インチサイズのカードの4つだ。黒い手帳は9×12インチの大きさで、黒と赤で印刷された75枚のルーズリーフがはいっている。機密扱いの場所が載った本は黒い手帳と同じぐらいの大きさで、やはり黒い装丁である。アメリカ国内で緊急時に大統領を受け入れ可能な場所が載っている。 — ビル・ガリー『ブレイキング・カヴァー』より

運用[編集]

アメリカ軍最高指揮官であるアメリカ合衆国大統領が「核兵器の使用」を決断した場合、フットボールの「運び人」がそばに呼ばれ、鞄が開けられると統合参謀本部に指令信号、あるいは「警告」のアラームが送られる。大統領は顧問と攻撃についてとりうる選択肢を協議し、様々な手段のなかから攻撃案を決定する。

これらはOPLAN 8010(以前の単一統合作戦計画)のもとで予め決められた戦争計画の一部である。そして鞄の中にある何らかの通信技術を用いて、顧問は国家軍事指揮センターと連絡をとる。あるいは報復攻撃の場合であれば、複数の空挺部隊の司令部(おそらくボーイングE-4Bを出動させる)または、あるいは同時に核武装した潜水艦とも交信を行う。

命令がアメリカ軍によって実行されるためには、プラスチック製のカードの形で発行された特別なコードを使って、大統領が本人と認識される必要がある。このコードは「ビスケット」というニックネームがつけられており『ゴールド・コード』とも呼ばれる[5]

アメリカはツーマンルールを実施しており、大統領だけが核兵器の発射を命ずることができるのだが、その命令は国防長官の確認を受けなければならない(大統領が攻撃によって殺害された場合は権限の継承順位に従う)[5]。国防長官の確認は、大統領本人の命令であることのみを確認するのであって、大統領の発射命令は拒否できず、必ず従わなければならない。コードが全て認証されると、軍はしかるべき部隊へ攻撃命令を出す。これらの命令は下されてからも、その真偽の再確認が続く。

フットボールは、大統領の軍事顧問が交代制で運搬に務める。その勤務予定は極秘扱いである(派生組織である5つの組織から1人ずつ)。顧問は手首に特殊なケーブルを巻いて、物理的にブリーフケースを身につけることもある。

アメリカ軍の士官にあたり、給与等級はO-4(少佐)かそれ以上、任命にあたっては極めて厳しい身元調査が行われ、いわゆるヤンキー・ホワイトに該当するかが調べられる[6]。彼らにはいかなる時でも、大統領が容易にフットボールを使用可能な状態にしておくことが求められる。

歴史[編集]

フットボールの歴史はドワイト・D・アイゼンハワーまで遡ることができるが、現在の使われ方になったのは、ソ連軍将校がモスクワの許可を得ずにキューバでミサイルを発射することを懸念していたジョン・F・ケネディ以降のことである[6]

AP通信の記事によれば、この「フットボール」という通称は、ある攻撃計画につけられた「ドロップキック」というコードネームに由来するものである[3]。フットボールという名前は、実際の鞄の性質や形状に誤解を生じることがある。実際、ケースのカバーは本物のフットボールを包めるぐらい大きいからである。グラフィック・ノベルのウォッチメンには、1985年にまだ大統領であったという設定でリチャード・ニクソンが登場するが、彼の腕には危機にそなえて文字通り「核のフットボール」(フットボールの形をした金属製の機器)が繋がれている。作中でそうだと明示されることはないのだが、この機器には現実のフットボールと同じかあるいは核攻撃の電子起動装置が内蔵されていることがほのめかされる。

ジミー・カーターロナルド・レーガンも、大統領在職中は背広のポケットに発射コードをいれたままにしていたと語っている[7]。下院議員のジョン・クラインは海兵隊の元大佐であり、カーターとレーガンの時代にフットボールを運んでいる[3]

運びまわるのはそう難しいことじゃない。下に置くこともできるし、私はしょっちゅうそうしていた

1981年の暗殺未遂事件直後、ロナルド・レーガンとフットボールは別々の場所にあった[8]。レーガンは、前任者であるカーター同様、カードをポケットに入れて歩くことを好んでいたのだが、ERの外科治療の際に衣服が切り取られたときに、レーガンはカードをなくしてしまった。後にそのERの床にあったレーガンの靴から無造作にしまわれたカードが発見されたため、レーガンはカードを靴下にいれて持ち歩いているという都市伝説がうまれた。このときはカード以外の中身もレーガンと離ればなれになった。運び役の士官が、怪我を負った大統領を運び去る車の行列に置いて行かれたためだった。このように大統領がフットボールを運ぶ人間と離ればなれになることが時にはある。1973年のニクソンにもこれが起こった。ニクソンはキャンプ・デービッドでソ連の指導者ブレジネフリンカーン・コンチネンタルを贈ったのだが、そのリンカーンにニクソンを乗せたブレジネフは不意に高速を逆戻りしたのである。ニクソンのシークレットサービスは置き去りにされ、フットボール(と彼の警備部隊)は30分近くもばらばらになったままだった[9]。フォード、カーター、ブッシュ、時代が下ってクリントンにもフットボールと離れた時間帯がある[10][8]。こうした事件において、フットボールの完全性が損なわれた例はなかった。

2016年5月27日にバラク・オバマ広島を訪問した際にも「核のフットボール」は持ち込まれており、世界で初めて原子爆弾が投下された地点を事実上の核兵器発射基地にしたことは矛盾をはらんでいるという批判的な論調も存在した[11][12]

脚注[編集]

  1. ^ Eggen, Dan. "Cheney, Biden Spar In TV Appearances". The Washington Post, December 22, 2008. Accessed 16 December 2009.
  2. ^ "Security: Sleek, sexy and oh, so safe / Utah company's attaché case is a Hollywood staple." - ウェイバックマシン(2012年7月18日アーカイブ分) Glen Warchol, The Salt Lake Tribune.
  3. ^ a b c d Associated Press. "Military aides still carry the president's nuclear 'football'". USA Today, May 5, 2005. Accessed 16 December 2009.
  4. ^ 一般マニラ製のフォルダのこと
  5. ^ a b Hacking Nuclear Command and Control (PDF) , pg. 10.
  6. ^ a b The Football—GlobalSecurity.org article
  7. ^ Reagan, Ronald. An American Life. Pg. 257.
  8. ^ a b "Clinton drops nuclear football". BBC News, April 26, 1999. Accessed 16 December 2009.
  9. ^ The Soviet Image. Inside the Tass Archives. Pg. 188.
  10. ^ Pullella, Philip. "Bush's nuclear 'football' in Vatican hallowed halls". Reuters via The San Diego Union-Tribune, June 4, 2004. Accessed 18 August 2010.
  11. ^ 原爆慰霊碑前でも機密装置「核のフットボール」”. 読売新聞. 2016年5月28日閲覧。[リンク切れ]
  12. ^ “オバマ大統領の矛盾…広島訪問にも核発射ボタンを持ち込んでいた”. 週刊新潮. (2016年6月9日). https://www.dailyshincho.jp/article/2016/06130551/?all=1 2017年7月22日閲覧。 

関連文献[編集]

関連項目[編集]