ザ・シークレット・サービス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ザ・シークレット・サービス
In the Line of Fire
監督 ウォルフガング・ペーターゼン
脚本 ジェフ・マグワイヤー英語版
製作 ジェフ・アップル
出演者 クリント・イーストウッド
ジョン・マルコヴィッチ
音楽 エンニオ・モリコーネ
撮影 ジョン・ベイリー
編集 アン・V・コーツ
製作会社 キャッスル・ロック・エンターテインメント
配給 コロンビア・ピクチャーズ
公開 アメリカ合衆国の旗 1993年7月9日
日本の旗 1993年9月15日
上映時間 128分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $40,000,000[1]
興行収入 $102,314,283[1] アメリカ合衆国の旗カナダの旗
$176,997,168[1] 世界の旗
テンプレートを表示

ザ・シークレット・サービス』(原題: In the Line of Fire)は、1993年製作のアメリカ映画。かつてアメリカ合衆国大統領を守ることができなかった老練なシークレットサービス・エージェントと、大統領暗殺を目論む殺し屋との対決を描くサスペンスアクションスリラー。主演はクリント・イーストウッドジョン・マルコヴィッチレネ・ルッソ[2]

あらすじ[編集]

フランク・ホリガンは長年シークレットサービスを務めるベテラン警護官であり、ダラスでのケネディ大統領暗殺事件の際にも現場に配属されていたが、大統領を守ることが出来ず後悔に苛まれ酒に溺れるようになり、妻子も彼の元を去ってしまう。

アメリカでは大統領の再選キャンペーンが始まっており、フランクは相棒のアルと共に大統領暗殺を計画する男のアパートを捜査するが、そこには男はおらず、フランクの顔にマークが書かれているケネディ暗殺事件の記事が壁に貼られていた。フランクは、この男が本気で大統領を暗殺しようとしていると感じ、あるに調査を進めるように指示するが、彼の元に「ブース」と名乗る男から大統領を暗殺するとの脅迫電話が届く。フランクは長年の理解者デヴィッドに大統領の警護チームに自分を編入するように口添えを頼み込む。警護チームの責任者ワッツは引退間近の高齢であり、かつ毛嫌いしているフランクがチームに加わることに反対したが、渋々フランクの編入を認める。

フランクは高齢でありながら精力的に警護に努めるが、そこにブースから電話がかかり、彼はフランクを挑発する。逆探知で発信元を突き止めた警護官たちがラファイエット・パーク英語版に急行し、フランクとアルはブースを追跡する。二人はブースに逃げられてしまうが、彼の指紋を採取してFBIに照合を依頼する。しかし、FBIはブースの情報が極秘事項に指定されているため二人には情報を伝えず、CIAに情報を伝える。フランクは風邪で体調を崩しながらも大統領の警護を続けるが、パーティーの警護中にブースが割った風船の音を銃声と誤認して緊急事態を指示してしまう。「暗殺に怯える大統領」の姿がテレビ中継されたことで、ワッツと大統領首席補佐官のサージェントは激怒し、フランクは警護チームから外されてしまう。

警護チームを外されたフランクは、アルと共にブースの自宅を捜査するが、そこでCIAエージェントと鉢合わせする。二人は彼らからブースの正体が、元CIAの暗殺工作員ミッチだと聞かされる。ミッチは特殊訓練で暗殺者に鍛えられたが、予算削減で解雇されたことでアメリカへの復讐を計画していた。ミッチは再び電話でフランクを挑発し、フランクたちは彼のいるホテルに向かう。フランクは逃走するミッチを追跡するが、建物の屋上から転落しそうになる。ミッチは「ゲーム」を続けるためにフランクを助け出すが、彼を逮捕しようとしたアルは射殺されてしまう。

フランクは再び大統領の警護チームに復帰し、恋仲になっていたリリーと共にパーティー会場のホテルを警備するが、従業員をミッチだと疑い拘束する姿がテレビ中継されてしまう。大統領の指示で警護チームを外されたフランクは、ミッチに殺された銀行員の情報から、ミッチが大統領への高額献金者としてパーティー会場に侵入していることを突き止め、ホテルに急行する。ミッチはジップ・ガンで大統領を狙うが、駆け付けたフランクが盾となり暗殺は失敗する。ミッチはフランクを人質にしてエレベーターに乗り込み、フランクを殺そうとする。フランクはイヤホンでリリーにミッチを射殺するように指示を出し、彼女は狙撃チームに射撃を命令する。ミッチはフランクと揉み合いになりエレベーターから転落しそうになり、フランクは彼を助けようとする。しかし、ミッチは助けられることを拒否し、そのまま転落死する。

フランクは大統領を救ったことで一躍英雄になるが、「有名になったために警護も潜入捜査も出来なくなった」という理由で警護官を引退する。フランクはリリーを連れて自宅に戻るが、留守電にはミッチからのメッセージが記録されていた。ミッチは死ぬことを覚悟してフランクに別れのメッセージを残していたが、フランクは最後まで聞かずに自宅を出る。フランクはリリーと共にリンカーン記念堂を訪れ、彼女に想いを告げる。

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹替
ソフト版 テレビ朝日
フランク・ホリガン クリント・イーストウッド 山田康雄 野沢那智
ミッチ・リアリー ジョン・マルコヴィッチ 金尾哲夫 樋浦勉
リリー・レインズ レネ・ルッソ 弥永和子 塩田朋子
アル・ダンドゥレア ディラン・マクダーモット 鈴置洋孝 牛山茂
ビル・ワッツ ゲイリー・コール 谷口節 納谷六朗
ハリー・サージェント フレット・ダルトン・トンプソン 藤本譲 坂口芳貞
サム・キャンパーナ ジョン・マホーニー 石森達幸 上田敏也
マット・ワイルダー グレッグ・アラン=ウィリアムス 田中正彦 郷里大輔
大統領 ジム・カーリー 糸博 川久保潔
ジャック・オオクラ クライド・クサツ 伊井篤史 塩屋浩三
メンドーサ トビン・ベル 田原アルノ
デヴィッド・コッピンガー スティーヴ・レイルズバック
(クレジットなし)
有本欽隆
  • ソフト版:VHSDVDBD収録
    翻訳:佐藤一公、 演出:福永莞爾
  • テレビ朝日版:初回放送1996年10月13日『日曜洋画劇場』21:02~23:24(本編約122分)
    翻訳:武満真樹、演出:伊達康将
    「日曜洋画劇場 30周年記念特別企画」として放送

※2015年12月2日発売の「吹替洋画劇場」シリーズ「吹替洋画劇場『ザ・シークレット・サービス』デラックス エディション」Blu-rayには本編ディスクとは別に、テレビ朝日版の再放送短尺の吹替を収録した特典ディスクが付属している。(約93分)

製作[編集]

プロデューサーのジェフ・アップルは、1980年代から本作の映画化を企画していた。アップルは幼少のころからケネディ暗殺事件に関するシークレット・サービスの活躍を映画化したいと考えていた。彼は子供のころに出会ったリンドン・ジョンソンと彼を警護する黒スーツ・サングラス・イヤホンを身に付けたシークレット・サービスの姿を鮮明に覚えており、そこから映画化のインスピレーションを得た。1991年にジェフ・マグワイヤー英語版を脚本に迎え、企画が本格的に始まった[3]。イーストウッドとコロンビアは、ミッチ役にロバート・デ・ニーロを起用するつもりだったが、彼は『ブロンクス物語』と撮影スケジュールが重なったためオファーを断っている[4]

1992年後半にワシントンD.C.で撮影が始まり、ホワイトハウスのシーンは既存のセットを使い撮影し、エアフォースワンのシーンは25万ドルの費用を投じて新たにセットを作り撮影された[5]。大統領の集会での演説シーンは、ジョージ・H・W・ブッシュビル・クリントンの演説シーンをデジタル加工して使用している[5]。また、ケネディ暗殺事件時のフランクの映像は、1960年代のイーストウッドの映画出演シーンをデジタル加工したものが使用されている。アップルはロサンゼルス・タイムズの取材に対して、「クリントは世界初のデジタル・ヘアカットとなった」と述べている[6]

評価[編集]

批評[編集]

Rotten Tomatoesでは5万3,265件のレビューが寄せられ、支持率79%、平均評価7.8/10となっている[7]ロジャー・イーバートは四つ星満点中三ツ星半を与え、「近頃のスリラー映画のほとんどはスタントやアクションばかりです。しかし、『ザ・シークレット・サービス』にはしっかりと心が描かれています」と批評している[8]

受賞・ノミネート[編集]

部門 対象 結果
第66回アカデミー賞 助演男優賞 ジョン・マルコヴィッチ ノミネート
編集賞 アン・V・コーツ ノミネート
脚本賞 ジェフ・マグワイヤー英語版 ノミネート
ASCAPアワード Top Box Office Films エンニオ・モリコーネ 受賞
英国映画テレビ芸術アカデミー 助演男優賞 ジョン・マルコヴィッチ ノミネート
編集賞 アン・V・コーツ ノミネート
脚本賞 ジェフ・マグワイヤー ノミネート
シカゴ映画批評家協会 助演男優賞 ジョン・マルコヴィッチ ノミネート
ゴールデングローブ賞 助演男優賞 ノミネート
MTVムービー・アワード 最優秀悪役賞[9] ノミネート

脚注[編集]

  1. ^ a b c In the Line of Fire (1993)” (英語). Box Office Mojo. 2010年2月8日閲覧。
  2. ^ Eller, Claudia (1993年7月13日). “In the Line of Fire: Whose Movie Is It, Anyway?”. The Los Angeles Times. http://articles.latimes.com/1993-07-13/entertainment/ca-12681_1_castle-rock-entertainment 2010年12月27日閲覧。 
  3. ^ Turan, Kenneth (1993年7月9日). “'Fire' lines up a worthy villain for Clint”. The Los Angeles Times. https://pqasb.pqarchiver.com/latimes/access/2154715.html?FMT=ABS&FMTS=ABS&type=current&date=Jul+9%2C+1993&author=Turan%2C+Kenneth&pub=Los+Angeles+Times&edition=&startpage=F1&desc=%27Fire%27+lines+up+a+worthy+villain+for+Clint 2012年3月13日閲覧。 
  4. ^ Crocker, John (2011年9月22日). “MOVIE FEATURE: 10 THINGS YOU DIDN'T KNOW ABOUT... ROBERT DE NIRO”. Red Bull. 2015年5月30日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年6月15日閲覧。
  5. ^ a b Hughes, p.80
  6. ^ Galbraith, Jane (1993年7月11日). “A look inside Hollywood and the movies 'Line of Fire' Gives Crowd Control a New Meaning”. The Los Angeles Times. https://pqasb.pqarchiver.com/latimes/access2154715.? 2011年10月13日閲覧。 
  7. ^ In the Line of Fire (1993)”. Rotten Tomatoes. Flixster. 2012年9月26日閲覧。
  8. ^ Ebert, Roger (1993年7月9日). “In the Line of Fire”. Chicago Sun-Times. http://rogerebert.suntimes.com/apps/pbcs.dll/article?AID=/19930709/REVIEWS/307090301/1023 2012年3月13日閲覧。 
  9. ^ The 50 greatest heroes and the 50 greatest villains of all time”. American Film Institute. 2011年8月7日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年3月13日閲覧。

参考文献[編集]

外部リンク[編集]