ヴィンセント・キャンビー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ヴィンセント・キャンビー(英語: Vincent Canby , 1924年7月27日 - 2000年10月15日)は、アメリカ合衆国イリノイ州シカゴ出身の映画評論家である。『ニューヨーク・タイムズ』で1969年から1990年代まで専属の映画評論家として勤めていた。

人生[編集]

ヴィンセント・キャンビーは1924年7月27日アメリカ合衆国イリノイ州シカゴに生まれた。2000年10月15日ニューヨーク州マンハッタンにて76歳で死去した。

映画評論[編集]

ヴィンセント・キャンビーはアメリカにおいて最も信頼されていた映画評論家の1人でもあったが、彼が映画に対して付けた点数や評価などにはかなり偏りがあった。なので彼が映画に対して満点を与える事は滅多に無かった。その中でも彼はスタンリー・キューブリックウディ・アレンマーティン・スコセッシスパイク・リーイングマール・ベルイマンアルフレッド・ヒッチコックロバート・アルトマンマイク・リーなどの監督による映画は一貫して高く評価し続けた。他にもゲイリー・シニーズ監督による「二十日鼠と人間」や(「わらの犬」は酷評したものの)同じサム・ペキンハーの代表作である「ワイルドバンチ」などを大絶賛した。(これらの作品はどちらも満点である。)

日本映画だと小津安二郎の代表的作品「彼岸花」や、森田芳光による「家族ゲーム」を絶賛した。

一方で今では傑作と呼ばれている様な「ゴッドファーザー PART II」、「エクソシスト」、「遊星からの物体X」、「ロッキー」、「ナイト・オブ・ザ・リビングデッド」、「カッコーの巣の上で」、「エイリアン」といった作品などを酷評した[1]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Vincent Canby Movie Reviews & Previews” (英語). Rotten Tomatoes. 2019年6月1日閲覧。