コンテンツにスキップ

ポセイドン (映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ポセイドン
Poseidon
監督 ウォルフガング・ペーターゼン
脚本 マーク・プロトセヴィッチ
原作 ポール・ギャリコ
製作 ウォルフガング・ペーターゼン
マイク・フレイス
アキヴァ・ゴールズマン
ダンカン・ヘンダーソン
製作総指揮 シーラ・アレン
ケヴィン・バーンズ
ジョン・J・ジャシュニ
ベン・ウェイスブレン
出演者 カート・ラッセル
ジョシュ・ルーカス
リチャード・ドレイファス
エミー・ロッサム
ジャシンダ・バレット
マイク・ヴォーゲル
ミア・マエストロ
ジミー・ベネット
アンドレ・ブラウアー
音楽 クラウス・バデルト
撮影 ジョン・シール
編集 ピーター・ホーネス
製作会社 Virtual Studios
配給 ワーナー・ブラザース
公開 アメリカ合衆国の旗 2006年5月12日
日本の旗 2006年6月3日
上映時間 98分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $160,000,000[1](概算)
興行収入 アメリカ合衆国の旗カナダの旗 $60,674,817[1]
世界の旗 $181,674,817[1]
日本の旗 13.7億円[2]
テンプレートを表示

ポセイドン』(原題:Poseidon)は、2006年アメリカ映画1972年の『ポセイドン・アドベンチャー』のリメイクである。監督はウォルフガング・ペーターゼン

『ポセイドン・アドベンチャー』制作当時の特撮技術では表現不可能だった部分がCGにより表現されている。

ストーリー

[編集]
プロローグ
大晦日の夜、豪華客船「ポセイドン号」には、4000人を超える多くの客が乗り、盛大なパーティーが行われていた。
しかし新年を迎えた直後、ポセイドン号は突如現れた異常波浪による巨大な波の直撃を受け、ポセイドン号は転覆して上下反転した状態になってしまう。火災・爆発・感電などが発生したこともあり、3000名以上の乗客が命を失った船内は、生き残った人達によってパニック状態になる。
序盤
天地逆転したボール・ルームに残る、わずか数百名の生存者たち。ブラッドフォード船長は、救助が来るまでこの場に止まるよう全員に命じる。しかし、プロのギャンブラー、ディランは留まっていては助からないと自らの直感を信じ、一人脱出を企てる。
一方、元消防士で前NY市長のロバートも、ディスコにいる娘 ジェニファーを捜すため、ディランに協力し合おうと持ち掛ける。さらに、シングルマザーのマギー、彼女の息子のコナー、自殺志願の老人ネルソンも彼らに付いていくことにした。
今、生き残りをかけた彼らの、引き返すことの出来ない極限の脱出劇が始まった……。エレベーターの上昇スペースを通過する際、ロバートに雇われたウェイターのマルコをやむを得ず見捨てざるを得なくなり、彼は突き落とされて亡くなる。
ホールの上空を通過中に、天井から落下してきた機材によって潰され、酔っ払いのラッキーが亡くなる。
中盤
窓ガラスが割れて浸水が始まった船内で、ディスコホールにいた他の多くの生存者らと共に、ブラッドフォード船長と女性歌手のグロリアが亡くなる。
急激な浸水によって海水が押し寄せる中、デュラン達は通気口を上に向かって登っていく。しかし、脱出口がネジ止めされており、子供のコナーがネジを回してかろうじて脱出に成功する。
バラストタンクへと入った一行は、わざとバラスト・タンクに水を入れることで、水と一緒にバラストタンクから脱出しようとする。息の続くギリギリでバラストタンクから脱出した一行は、さらに水没した船内を通っていくが、水中でエリナが障害物に引っかかり、ネルソンによって助け出されるも亡くなってしまう。
終盤
船底まで到達した一行は、バウ・スラスターの機関室まで行き、開口部から外へ出ようとする。しかし、船首はすでに水没しており、泳いで向かうこともできないことが判明する。さらに水没が早まる中、大爆発が起こって水が押し寄せて、船首の水がなくなったことで進めるようになる。しかし、息子のコナーが行方不明になる。
バウ・スラスターに到達したものの、ハッチを開けようとしたネルソンが衝撃によって怪我を負う。バウ・スラスターからの脱出のため、ジェニファーを婚約者のクリスに託して、父親のロバートは長時間水に潜って制御室へと向かう。しかし、制御室は事故によってボタンが壊れており、ロバートは意識を失いながらも「面舵ボタン」を押して亡くなる。
ラスト
ロバートの機転のおかげで、溺れかけていたコナーは助け出され、脱出の可能性が出てくる。ディランは暴走するスクリューに、燃料ボンベを投下することで爆発させて、壊れたスクリュー部から海面へと脱出する。
救命ボートに乗り込んだ一考は、沈没していくポセイドン号から逃れ、信号弾を打ち上げる。救難信号を傍受していた救命ヘリが駆けつたところで、物語は終わりを告げる。

登場人物

[編集]
ディラン・ジョーンズ(Dylan J. Johns
演 - ジョシュ・ルーカス
プロのギャンブラー。マギーを口説いていた。
ロバート・ラムジー(Robert Ramsey
演 - カート・ラッセル
前ニューヨーク市長で、元消防士。厳格な性格で娘とクリスチャンの交際を快く思っておらず、そのことで逆に娘からも快く思われていないことがある。
リチャード・ネルソン(Richard Nelson
演 - リチャード・ドレイファス
設計士。ゲイ。
ジェニファー・ラムジー(Jennifer Ramsey
演 - エミー・ロッサム
ロバートの娘。クリスチャンと交際している。
クリスチャン・サンダース(Christian Sanders
演 - マイク・ヴォーゲル
ジェニファーの恋人。
マギー・ジェームズ(Maggie James
演 - ジャシンダ・バレット
シングルマザー。
コナー・ジェームズ(Conor James
演 - ジミー・ベネット
マギーの息子。
エレナ・モラレス(Elena Morales
演 - ミア・マエストロ
密航者。
ラッキー・ラリー(Lucky Larry
演 - ケヴィン・ディロン
酔っぱらい。
マルコ・バレンタイン(Marco Valentin
演 - フレディ・ロドリゲス
ポセイドン号のウェイター。
グロリア(Gloria
演 - ステイシー・ファーガソン
歌手。
マイケル・ブラッドフォード(Captain Michael Bradford
演 - アンドレ・ブラウアー
ポセイドン号の船長。

キャスト

[編集]
役名 俳優 日本語吹替
ディラン・ジョーンズ ジョシュ・ルーカス 咲野俊介
ロバート・ラムジー カート・ラッセル 堀勝之祐
リチャード・ネルソン リチャード・ドレイファス 石波義人
ジェニファー・ラムジー エミー・ロッサム 宮島依里
クリスチャン・サンダース マイク・ヴォーゲル 坂詰貴之
マギー・ジェームズ ジャシンダ・バレット 安藤麻吹
コナー・ジェームズ ジミー・ベネット 矢島晶子
エレナ・モラレス ミア・マエストロ 斎藤恵理
ラッキー・ラリー ケヴィン・ディロン 田中正彦
マルコ・バレンタイン フレディ・ロドリゲス 浜田賢二
グロリア ステイシー・ファーガソン 桂木黎奈
マイケル・ブラッドフォード アンドレ・ブラウアー 乃村健次
役不明又はその他 N/A 飯島肇
魚建
鈴木貴征
武藤正史
赤城進
三戸崇史
加納千秋
森口芽衣
プロデューサー 尾谷アイコ
田村恵
演出 羽田野千賀子
翻訳 久保喜昭
録音・調整 菊地一之
制作担当 臼杵俊之
制作 ワーナー・ホーム・ビデオ
プロセンスタジオ

スタッフ

[編集]

備考

[編集]

脚注

[編集]

外部リンク

[編集]