エミー・ロッサム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
エミー・ロッサム
Emmy Rossum
エミー・ロッサムEmmy Rossum
本名 エマニュエル・グレイ・ロッサム
Emmanuelle Grey Rossum
生年月日 1986年9月12日(28歳)
出生地 ニューヨーク州ニューヨーク市
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
ジャンル 女優・歌手
活動期間 1996年 -
活動内容 1996年:女優デビュー
2007年:歌手デビュー
配偶者 ジャスティン・シーゲル (2007年 - 2009年)
主な作品
オペラ座の怪人
デイ・アフター・トゥモロー
シェイムレス 俺たちに恥はない

エミー・ロッサムEmmy Rossum、本名:エマニュエル・グレイ・ロッサム、Emmanuelle Grey Rossum1986年9月12日 - )は、アメリカ合衆国女優歌手

生い立ち[編集]

ニューヨーク州ニューヨーク市にて、一人っ子として生まれる。両親はユダヤ系で、父親は銀行家、母親のシェリルは写真家。母親が妊娠中に両親は離婚、エミー自身父親とは2回しか会ったことがない[1][2]

幼い頃からオペラを学び、7歳からメトロポリタン歌劇場の舞台に立った。カーネギー・ホールの舞台に立ったこともある。1996年にマンハッタンのスペンサー高校を卒業。

キャリア[編集]

俳優活動[編集]

2000年の映画デビュー作『歌追い人』の演技で注目を浴びる。当時14歳。同年のテレビ映画オードリー・ヘプバーン物語』では少女時代のオードリー・ヘプバーンを演じた。

2003年のクリント・イーストウッド監督の『ミスティック・リバー』で再び注目を浴び、翌年には、サマーシーズンの大作映画『デイ・アフター・トゥモロー』とアンドリュー・ロイド・ウェバーの大ヒットブロードウェーミュージカルを映画化した『オペラ座の怪人』でヒロインのクリスティーヌ役に抜擢される等、目覚しい活躍を見せた。後者の作品ではゴールデングローブ賞 主演女優賞 (ミュージカル・コメディ部門)にノミネートされ、サターン若手俳優賞ナショナル・ボード・オブ・レビューのブレイクスルー女優賞を受賞している。

歌手活動[編集]

2007年にはゲフィン・レコードより歌手デビューした。

私生活[編集]

セリアック病を患っている[3]

2006年に『ポセイドン』の共演者であるルーカス・ハースと「YouthAIDS大使」となった。

2007年にジャスティン・シーゲルと結婚したが、2009年8月に離婚[4]

フィルモグラフィー[編集]

  • 邦題が定まっている作品のみを記す

映画[編集]

邦題/原題 役名 備考
2000 歌追い人
Songcatcher
デラディス・スローカム
2001 アメリカン・ラプソディ
An American Rhapsody
シェイラ (15歳)
2002 ラブ・アクシデント
Passionada 
ヴィッキー・エイモント 
2003 NOLA ニューヨークの歌声
Nola
ノラ
ミスティック・リバー
Mystic River
ケイティ・マーケム
2004 オペラ座の怪人
The Phantom of the Opera
クリスティーヌ
デイ・アフター・トゥモロー
The Day After Tomorrow
ローラ・チャップマン
2006 ポセイドン
Poseidon
ジェニファー・ラムジー
2009 DRAGONBALL EVOLUTION
Dragonball: Evolution
ブルマ
2013 ビューティフル・クリーチャーズ 光と闇に選ばれし者
Beautiful Creatures
リドリー・デュシェンヌ
2014 サヨナラの代わりに
You're Not You
ベック

テレビ[編集]

邦題/原題 役名 備考
1997 LAW & ORDER
Law & Order
アリソン・マーティン 1エピソード
1999 ダブル・キャンパス/天才学者は13歳
Genius
クレア・アディソン テレビ映画
スヌープス
Snoops
キャロライン・ビールズ 2エピソード
2000 オードリー・ヘプバーン物語
The Audrey Hepburn Story
オードリー・ヘプバーン (幼少期) テレビ映画
2001 ザ・プラクティス ボストン弁護士ファイル
The Practice
アリソン・エリソン 1エピソード
2011 - シェイムレス 俺たちに恥はない
Shameless
フィオナ・ギャラガー メインキャスト

CM[編集]

  • 森永乳業 「マウントレーニア カフェラッテ」(2008年 - )

ディスコグラフィー[編集]

  • Inside Out(2007年10月23日)
  • Carol of the Bells(2007年10月23日)

参照[編集]

外部リンク[編集]